プロフィール

おろきん

Author:おろきん
おろきんです。

大学生
年齢:おろきん
性別:おろきん
所在地:G







現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

リンク

リンク2(バナー集)

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灼眼のシャナ第24話「守るべきもの」感想

ついにシャナ2期も最終回です



バルマスケの計画により動き出そうとしている業の立像
これほどの巨大な徒が動き出したら被害は計りしれないものになりますね;@@

それにしてもアラストールの「気でも触れたか探耽求究」という言葉( ^ω^)・・・
言うまでもなく教授は元々狂(ry


シャナとヴィルヘルミナの妨害をするバルマスケの3柱臣の2人ヘカテーとシュドナイ
やはりこの2人は強い・・・ただし、今回は業の立像の護衛ということなのでシャナとヴィルヘルミナはそれをうまく利用してなんとか凌ぎますが、このままでは業の立像が動き出すのも時間の問題
なんとか立ち回り、シャナだけ時計塔の中に侵入成功


このかつてない危機に吉田さんも宝具を使いかけてしまいましたが・・・シャナの言葉を思い出してなんとか踏みとどまりました;^^
この宝具、存在が消えてしまうというのはフィレスが彼女の気持ちを試した嘘であるというのを少し予想していたのですが最終的に使わないで済みました
何よりも全員無事ということが大事ですね


どんどん存在の力が吸い取られていく悠二
どうやら悠二が現在も力を使えるのは零時迷午を介して繋がっているからというわけですか・・・
無事にシャナと合流しましたが、既に存在が消えかかってます;^^
2人は動力源の場所にたどり着き、零時迷午を宿した心臓部分と対峙
この辺りの操作はヘカテーが重要な役割を担っているようです

銀の心臓部に追い詰められて悠二絶対絶命の危機、その時なんとヘカテーが攻撃を躊躇しました
これは史菜の想い・・・なんでしょうね
あの皆と過ごした時に生まれた史菜の思い出と感情が悠二、そして皆を救いました
2期前半部がここにて繋がってくるとは・・・なんとも嬉しいことです
ヘカテーに感情が生まれた・・・本人はまだ無自覚でもこの事が今後どのように繋がってくるのか見物ですね

無事に業の立像の起動を阻止した悠二達
そしていよいよシャナと吉田さん、恋の行方は・・・
というところで終了(;^ω^)
最後のシャナの笑顔をそのまま受け取るべきなのか、それとも答えはおあずけということなのかわかりかねますが、まだ3期の可能性がある以上ハッキリとした描写は避けたのかな

<総評>
この2期は本当にクオリティが高かったです
戦闘シーンの迫力、盛り上げ方もかなりのレベルだと思います

唯一、最初の日常パート連続辺りだけが少々盛り上がりに欠けるという声も結構あるみたいですね
まぁ確かに前半部も後少し盛り上げる工夫があったら尚良かったとは思いますが・・・
しかし個人的には前半の日常部分も十分楽しむことができました
日常パート、戦闘パート両方あってこそのシャナだと思いますからね


全体的に見て素晴らしい出来だったと思います
まだまだお話も完結していないので、3期がある可能性は高いですね
是非3期を楽しみに待ちたいと思います
スポンサーサイト

<< CLANNAD番外編「夏休みの出来事」感想 | ホーム | 今期アニメ総評その3 狼と香辛料 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


(アニメ感想) 灼眼のシャナII 第24話 「守るべきもの」

灼眼のシャナII 第III巻 バル・マスケの狙いは、紅世でしか生まれ得ないもの“徒”を、この世で生み出すことだった。不可能の壁を越えようとする計画の背後に居たのは“探耽求究”ダンタリオン。その狂気とも言える計画を止めるため、シャナたち動き出す。しかし、“千...


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。