プロフィール

おろきん

Author:おろきん
おろきんです。

大学生
年齢:おろきん
性別:おろきん
所在地:G







現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

リンク

リンク2(バナー集)

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灼眼のシャナ第21話「合わさる力」感想

まだクリアしていないゲームが8つほどと良い意味でかなり多忙の現状
週のアニメも定期的に見ながら少しずつこなしていきたいと思います;^^


さて、今回の話はついにサブラク編決着
スティグマによって追い詰められていたフレイムヘイズ3者ですが、ここでついにヨーハンの努力が実を結びました
ヨーハンが編み出したスティグマ破りの自在法
そういえば前に、ヴィルヘルミナが過去について語った際にヨーハンがサブラクを破るための技を少しずつ編み出しつつあると言っていた気がします
難点の一つでもあったスティグマはこれでクリアしましたが・・・まだ勝負はこれから
ここでまたもや悠二の頭の切れが炸裂ヽ(´∀`)ノ
サブラクという存在は町全体、しかし意識は戦っている個人にしかないという推察
この状況からこれだけの事を考え出すというのはもう悠二の才能は紛れもなく「本物」ですね
後は佐藤の答えもなかなかにカッコいいものでした
「決してマージョリーを死なせはしない」
彼の行動もマージョリーという存在あってこそ、これでこの世界で戦っていくという決意もますますに固まったことと思います

そしてマージョリーによって町が地下と切り離されるというかなり大規模な仕掛けが発動
そこでシャナが一気に勝負を畳みかけました
それにしても、JOINTが流れたりと物凄い盛り上がり様でした
これが最終回だったとしても不思議じゃないぐらいです\(^o^)/
この2期で最高の回と言っても過言ではないと思います

サブラク戦、他の2者もそうでしたがやはり一番光っていたのはヴィルヘルミナかもしれません
今まであまり戦う姿がなかったというのもありますが、あのサブラクとの持久戦に耐え得たのも今までの因縁の相手だったからこそなのでしょうね
そして今回の件でより一層アラストールは悠二を認めたことでしょうね
これはいつ町を出ることになってもやっていけそうです 果たしてその時がいつ来るのか・・・

残り3,4話ぐらいでしょうか?
後は日常パートで行くのかそれとも・・・
バルマスケの陰謀、銀の正体、吉田さんの持つ宝具と未回収の伏線はまだまだあるのでその部分を多少やるのか、それとも3期があるとしたらそのためのストーリーにするのか・・・
最終回もどんどん近くなってきました
次週も期待です
スポンサーサイト

<< CLANNAD第20話「秘められた過去」感想 | ホーム | CLANNAD第19話「新しい生活」感想 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


(アニメ感想) 灼眼のシャナII 第21話 「合わさる力」

灼眼のシャナII 第I巻 【初回限定版】 サブラクとの激しい戦いの中、疲労の色を見せたヴィルヘルミナの絶体絶命の危機に、紅蓮の炎と共にシャナが躍り出る。時とともに受けた傷を広げていく自在法『スティグマ』。そのため他のフレイムヘイズは動けないと思っていたサ


(アニメ感想) 灼眼のシャナII 第21話 「合わさる力」

灼眼のシャナII 第I巻 【初回限定版】 サブラクとの激しい戦いの中、疲労の色を見せたヴィルヘルミナの絶体絶命の危機に、紅蓮の炎と共にシャナが躍り出る。時とともに受けた傷を広げていく自在法『スティグマ』。そのため他のフレイムヘイズは動けないと思っていたサ


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。