プロフィール

おろきん

Author:おろきん
おろきんです。

大学生
年齢:おろきん
性別:おろきん
所在地:G







現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

リンク

リンク2(バナー集)

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灼眼のシャナ第19話「言えなかったこと」感想

何気に悠二の活躍が目立った回です



悠二の前に現れた徒ザロービ
接近を感じ取れなかったのはその存在の力が小さすぎたから・・・
戦闘には向かないバルマスケの捜索猟兵(イエーガー)でした

しかし行動も少々奇怪、悠二に対しても逆に怯えを見せたりと変わった徒です( ^ω^)

悠二は相手の出方がわからないのでやむを得ず言われたままついていくことに・・・
なんとかフレイムヘイズに知らせられないかと考えられた悠二は、偶然街中で田中と緒方を発見
そしていきなり狂乱\(^o^)/
いきなり叫びだして何事かと思いましたが、現状の危機を田中に伝える意図があった模様
それを感じ、今までの田中ならばすぐさまマージョリーのところへ駆けていったでしょうが。
前回佐藤に徒関連との決別を宣言したのが尾を引いているのか、友人の危機にも関わらず迷ってしまいます・・・
しばらく葛藤した末、緒方には真実を告げずマージョリーの元へ報告に行くことに
危機状況把握に加え、外で待っている緒方を見て田中の気持ちをすぐに悟ったマージョリーは2人に遠くへ逃げるように指示します
どうやら本当に田中はもう戦線離脱のようですね;^^

その頃、シャナやヴィルヘルミナは坂井千草のための看病に当たってました
あのヴィルヘルミナ特性の健康料理は相変わらず凄まじい( ^ω^)
田中の連絡のおかげで、この2人にも起きつつあることが無事伝わりました



一方、ザロービと歩く悠二は敵の思惑について思考を巡らせます
そして見事に敵の狙いを看破ヽ(´∀`)ノ
今までの戦いもそうでしたが、こういう時の彼は非常に頭が切れますね
この辺りはシャナもアラストールも認めているみたいです
そしてその後の対応も目を見張るものがありました
すぐさま封絶を張り、銀の炎とブルートザオガーを駆使し一気にザロービを撃破
かなり一方的/(^o^)\
いくら相手が弱いとはいえ鍛錬の成果、前と比べて本当に悠二は強くなりましたね・・・
そして同時に、自分の事にも気づく悠二
本当は心の奥底ではこの町を離れるような覚悟なんてできてなかった、頭で覚悟した気になり、そのふりをし続けていたからあのような態度をとってしまった・・・ということですか

その後、シャナとヴィルヘルミナも駆けつけ、遠くから狙い打ちをしようとしていたバルマスケの戦闘部隊巡回士(ヴァンデラー)も無事片付けて一件落着かに見えましたが・・・
突如起きる異変

次回への引きがうまいですねぇ
これは次も非常に待ち遠しい

どうやら予告によるといよいよ紅世の王壊刀サブラクが出てくる模様
次週も期待です
スポンサーサイト

<< 灼眼のシャナ第20話「茜色の死闘」感想 | ホーム | 灼眼のシャナ18話&CLANNAD18話感想 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


(アニメ感想) 灼眼のシャナII 第19話 「言えなかったこと」

灼眼のシャナII 第I巻 【初回限定版】 いつか「いなかったこと」になる存在だから、大切な人を傷付けないためにも街を出なくてはいけない。新たに抱いた決意をひとり繰り返す悠二に声を掛けたのは、「紅世の徒」ザロービだった。実際に会うまで気付かないほど小さな存


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。