プロフィール

おろきん

Author:おろきん
おろきんです。

大学生
年齢:おろきん
性別:おろきん
所在地:G







現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

リンク

リンク2(バナー集)

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひぐらし(映画版)特集について

今度公開されるという実写映画の特集を見たので、それについて書こうかと思います

まず、今回の実写化については非常に賛否両論あるようでその中でも特に反対意見が多かったように感じます

確かに私は正直に言えばどちらかというと反対派です;^^
理由としては、映画の時間内にはとても収まりきるはずもなく、省略しすぎてとても本来の魅力を伝えきれるとは思えないからです
表現や迫力を伝えきれるかなどの疑問については仕方ないにしても、この点に関してはストーリーというとても大切なものに関わってくる以上どうしても気になってしまいます

とはいえ、まだ原作ファン並びに初めてひぐらしを見るという方が映画を見てどのように感じるかはまだわかりません
たとえ原作ファンから不評でも、初めてみる方がもしこの映画でひぐらしに興味を持ってくれたならそれは嬉しい事だと思いますヽ(´∀`)ノ

とりあえず今回の特集について
俳優の方々については、キャラとあってるとかどうとかなどは特に言うつもりはありません(ただ、大石が痩せているのだけは気になりましたが( ^ω^)
誰しもアニメや漫画を参考にして少しでも完成度の高いものを目指そうとしている心意気が話からもよくわかりました
「原作ファンの意見がとても気になって・・・」という発言が印象的です
そりゃ気になりますよね;^^
それにしても出題編の最初「鬼隠し編」をやるようですが、もちろんこの編だけでは提示された謎を完全に解き明かすには困難にも程があります
そうなると、「綿流し編」「祟殺し編」とどんどんシリーズ物として上映していく必要があるわけですが・・・果たしてどうなるのでしょう?気になるところです

見に行くかはまだ未定ですが、どうかこの映画が良い意味でより多くの人々にひぐらしを伝えてくれることを願いつつ暖かく見守っていくことにします
スポンサーサイト

<< 年末 | ホーム | 灼眼のシャナ第12話「清秋祭始まる」&CLANNAD12話「かくされた世界」簡易感想 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。