プロフィール

おろきん

Author:おろきん
おろきんです。

大学生
年齢:おろきん
性別:おろきん
所在地:G







現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

リンク

リンク2(バナー集)

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひぐらしのなく頃に解第22話「攻防」簡易感想

vlcsnap-233077.png



vlcsnap-229372.png



vlcsnap-230354.png



両者の戦いも加速し、一気に熱い展開になってきましたヽ(´∀`)ノ
とはいっても本当の戦いの佳境はまだまだこれからです


前回、ラストに猛然と向かっていった富竹でしたが今回初っ端であえなく捕まってしまいました;@@
彼も山狗数人でてこずるぐらい強かったと思うのですが、やはりさすがに5人相手じゃ分が悪かったいうことでしょうか


捕まった富竹を見て危機を察知する入江、ついに赤坂に連絡します
そして山狗から逃げる途中に銃でタイヤを打ち抜かれ、崖下に転落してしまいましたが運よく通りかかった詩音と葛西に助けられました
いよいよこの2人も参戦ですね

葛西さん、何やら判断等々プロ的でしたが入江の白衣に発信機つけられてたら仕方がないですね;^^


そして今までの編でおなじみの地下祭具殿での戦い
これまでの世界での話では恐ろしい場所という印象が強かったような場所ですが、今回は防衛に非常に心強い場所
何気にこの辺りでも暗闇ということもあり、沙都子のトラップが有効に働いていますね
さらに地下祭具殿の武器庫からはカラシニコフが( ^ω^)
うーむ・・・園崎家、やはりすごい一族ですね 葛西はともかく、それを扱える詩音もすごいわけですが

しかし詩音は捕まってしまい、詩音が死ぬか梨花を引き渡すかの選択を迫られる一同
ここで泣き言を言う梨花を羽入が一喝しました
この世界で相当の覚悟と決意を持った羽入だからこそ、ですね
梨花も皆殺し編の記憶があったらと思うのですが仕方ないのでしょうかね・・・

そして自ら捕まりに行く梨花、この絶体絶命の状況を切り開いたのはついに出てきた赤坂でしたヽ(´∀`)ノ

山狗数人を簡単に蹴散らし、小此木すらも打ち倒してしまうほどの強さを持っていました  やはり格好いいですねぇ

これで誰一人欠けることなく、敵は一時撤退
いよいよ皆で作戦会議です

その時、入江の口から告げられる「悟史君は生きている」との言葉
過去編の時に、L5発症で診療所に運びこまれたことからもわかるように、彼は現在は敵が占拠している診療所にいる・・・ということなのでしょうね
詳細については来週語られると思います

こうして詩音は診療所への奇襲作戦に参加することを決めました



いろいろと原作とは改編されてるところもありましたが、非常に面白かったです
戦いもこれからますます本格化していきます
次週も期待です
スポンサーサイト

<< 灼眼のシャナⅡ第10話「帰ってきた男」、CLANNAD第10話「天才少女の挑戦」簡易感想 | ホーム | シャナ第9話「哀しみのマイルストーン」&CLANNAD第9話「夢の最後まで」簡易感想 >>


コメント

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/mipurofi/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


(アニメ感想) ひぐらしのなく頃に解 第22話 「祭囃し編 其の九 攻防」

「ひぐらしのなく頃に解」 DVD 捜査録 - 紡 - file.03 <初回限定生産>富竹が敵に捕らえられた。その事実を知った入江は、すぐさま赤坂に連絡を入れると、一瞬の隙を突いて診療所から逃げ出す。だが、鷹野は決して逃がそうとしない。追っ手をすぐに差し向けると、入江を...


レビュー・評価:ひぐらしのなく頃に 解/第22話 祭囃し編 其の九「攻防」

品質評価 19 / 萌え評価 26 / 燃え評価 40 / ギャグ評価 14 / シリアス評価 39 / お色気評価 7 / 総合評価 27レビュー数 139 件 第22話 祭囃し編 其の九「攻防」のレビューです。


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。