プロフィール

おろきん

Author:おろきん
おろきんです。

大学生
年齢:おろきん
性別:おろきん
所在地:G







現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

リンク

リンク2(バナー集)

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひぐらしのなく頃に解第20話「トラップ」簡易感想

今回は戦いの前の味方集め、作戦会議が主でした
やはり残り話数も少ないためか、今までより省略が顕著な気がします;@@
まぁこの辺りの展開はこれぐらいでいいのかもしれませんがもう少し詳しく描写して欲しかったシーンも少々ありましたね


vlcsnap-228488.png


最初はいきなり梨花が入江及び富竹に相談している時に大石と赤坂がやって来たシーンからです
ここはバッサリ省略されてましたが、確かこの時に入江達は大石達に雛見沢症候群の研究をしている事などについて話していたんだったかな・・・?
もちろん大石も赤坂も雛見沢症候群についてはこの時までまだ知らなかったはずですしね
まぁ大石がまだ雛見沢連続開始事件の真相をわかってないとなるとそこまで詳しいことは語っていないのでしょうけれども

何はともあれ今回は入江、富竹、赤坂の協力をここで既に得られることになりました
この時の大石の退職金のシーンも少々惜しかったかなぁ
原作だと大石の思いが物凄く伝わってくるシーンなのですがセリフ等々バッサリ省略されていたのでアッサリ感がありましたね・・・;^^
ここは大石にとって退職金を危険にさらすということがどれだけ重い事かを表現するためにも入れたほうが良かった気がします


vlcsnap-228880.png


その後梨花は部活メンバーにも真実を打ち明けます
今回も彼らはすぐに梨花の事を信じてくれました

そして、一瞬暗い雰囲気になった部活メンバーを圭一が鼓舞
やはりこういうのは圭一の役割ですねヽ(´∀`)ノ
皆殺し編の時も皆を率いていた彼ならではです

仲間達との作戦会議によって、かなり有効な作戦が提案されます
それは「梨花が死んだ後、48時間以内に雛見沢の村人全員がL5発症」という仮説を利用したもの
つまり、梨花自身はどこかに隠れていて警察に梨花の死を公式発表してもらえれば敵の混乱は確実です
何しろ相手側は梨花が決定的な鍵ですからね

しかしそれにはやはり大石の協力が必要です

vlcsnap-229869.png


梨花宅にはカモフラージュとして赤坂が在住
やはりこの家は山狗の監視を受けているみたいですね
梨花は雛見沢全体においても風邪でずっと家で寝ているということになっているようです


vlcsnap-230398.png


調査により、富竹も鷹野への疑いを強めていきます
やはり今回、事前に富竹の協力を得られた事は非常に大きい事ですね
作戦会議でも少し述べられていたように、彼は条件が揃えば山狗よりも強力な部隊「番犬」を呼ぶことができます
彼もまた梨花達にとって重要な鍵を握っていると言えそうです


vlcsnap-230766.png


そして雛見沢でも良い兆候がでてきます
お年寄り達の北条家、つまり沙都子に対する態度も変わってきています
もちろん元々彼らの誰も沙都子を恨んだりしているわけではないのですが、北条家と関係を持つと村八分にされるという考えが自然に取り除かれつつあるようです
お魎自身が沙都子が心配だと公言したことも大きいですね
この言葉で村全体の沙都子への接し方も変わっていくことでしょう



vlcsnap-232790.png


やはりなかなか決心がつかない大石
毎年のように本当の親父のように慕っていたおやっさん(1年目に殺されたダム工事現場の監督)の墓参りにやって来ます

大石が毎年ここに墓参りにやって来ると、必ず供えてあった紫陽花の花
ずっとその花を供えてくれたのが誰なのかわからなかったけれど、この時初めてその人物がダム工事現場の監督であるおやっさんと最も敵対していた園崎家だったことがわかったということですね
この時、ずっと連続開始事件の黒幕は園崎家だと信じていた大石の園崎家への疑惑が完全に晴れます
本当なら茜と大石の会話がもっとあり、2人の間に和解が成立するというシーンなのですがここもカット;@@
尺の都合上仕方ないのかもしれません・・・

そして大石の決心がついに固まります
熊谷刑事や鑑識の爺様も速攻で了承
警察内部にも山狗の諜報員が紛れ込んでいる可能性が非常に高い以上、警察ではこの3人で動いていくことになりそうです




いよいよ次回から始まる48時間作戦
物語もどんどんヒートアップしていくと思います
次回も期待です
スポンサーサイト

<< 灼眼のシャナⅡ第8話「過去への扉」、CLANNAD第8話「黄昏に消える風」簡易感想 | ホーム | 灼眼のシャナ第7話「池速人、栄光の日」簡易感想 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


(アニメ感想) ひぐらしのなく頃に解 第20話 「祭囃し編 其の七 トラップ」

「ひぐらしのなく頃に解」 DVD 捜査録 - 紡 - file.03 <初回限定生産>少しの期待・・・だがすぐににそれがぬか喜びであったと思い知らされ、絶望の闇へと沈んでいった過去の記憶・・・。そして、再び世界が動き出した。果たしてこの世界に、希望はあるのか・・・。


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。