プロフィール

おろきん

Author:おろきん
おろきんです。

大学生
年齢:おろきん
性別:おろきん
所在地:G







現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

リンク

リンク2(バナー集)

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひぐらしのなく頃に解第18話「最後の駒」簡易感想

今回は過去編ラストでした
大方重要な「カケラ」をうまく放送しきってくれたと思います




vlcsnap-37761.png



このシーンが省略されなかったのは嬉しいですね
圭一の父、前原伊知郎の前に現れた2人の不思議な少女

前原伊知郎は圭一が都会で起こした騒動もとりあえず一段落つき、家族全体で気分も新たに再出発を図るため引っ越しを提案しました
そして、その引っ越し先の候補である雛見沢がどんな場所かを見にきたわけですね

ただ、どうやら「圭一が引っ越してくる条件」というのはここでの出会い(前原伊知郎の心がこの2人の出会いによってわずかにでも揺り動かされたとでもいうのでしょうか)が必要条件となっているようです
過去に圭一が引っ越して来なかった世界というのは、このシーンの出会いがなく、結局前原一家は引っ越しはしなかったという世界なのかもしれません


vlcsnap-43982.png


さらに、明らかにされた北条悟史失踪の真相
彼は、無事ぬいぐるみは買えたわけですが帰りの道中に入江の車の中でL5を発症
それによって入江医療機関に運ばれてしまったということですね

「生きた検体が手に入った」と喜ぶ鷹野ですが、果たして彼の運命は・・・?



他にも部活が作られた理由やレナの過去、そしてお魎の思いなどもしっかりと入れられていたので良かったと思います


vlcsnap-47962.png



そして最後のシーンですが、少々不思議なシーンでしたね・・・
2人の残された力ではこんな過去に戻れるはずがないわけなのですが、このシーンの口ぶりだと皆殺し編の後という感じです;@@

まぁあまり深くは考えず、これからいよいよ始まる最後の戦いの前ということで入れられたアニメオリジナルシーンなのでしょう


いよいよ次週からの最終章本編
最後の一人である羽入の参戦に期待です
スポンサーサイト

<< CLANNAD第6話「姉と妹の創立者祭」簡易感想 | ホーム | ひぐらし17話&CLANNAD5話簡易感想 >>


コメント

来週が楽しみだぜ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


(アニメ感想) ひぐらしのなく頃に解 第18話 「祭囃し編 其の伍 最後の駒」

ひぐらしのなく頃に解 捜査録 -紡- file.01〈初回限定版〉誰かが言ってた「運命は自分で切り開くものである」と・・・。だが、そのきっかけを与えてくれるのは、ほんの小さな奇跡なのかもしれない。そして、その人はやってくる・・・。


レビュー・評価:ひぐらしのなく頃に 解/第18話 祭囃し編 其の伍  「最後の駒」

品質評価 11 / 萌え評価 32 / 燃え評価 7 / ギャグ評価 17 / シリアス評価 28 / お色気評価 14 / 総合評価 19レビュー数 156 件 昭和57年、6月。沙都子と叔母の確執に悩む悟史。沙都子のために「部活」を提案する魅音。茨城から雛見沢に戻り、新しい生活を誓うレナ。4年目


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。