プロフィール

おろきん

Author:おろきん
おろきんです。

大学生
年齢:おろきん
性別:おろきん
所在地:G







現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

リンク

リンク2(バナー集)

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3章「beginning of the war」前編

ガウス・ハルゲン著書「ひょっひょっひょ新論」 ガウスの里に対し出陣してきたのは2軍。
雷帝と恐れられる四天王の一人、ふじけんが率いる軍。
そして、治癒系魔法の最高の使い手であり、不死者とも呼ばれる四天王の一人、イタチザメ率いる軍であった。

実のところ今まで数度あった両国の戦いの歴史の中で、魔法王国の四天王クラスが出撃してきたことは滅多にない。
かつて四天王の一人、稲葉前司行長が投入されたことがあったが、その時はガウスの里は壊滅的な被害を負った。
たった1人で大きく戦局が変わるほどの戦力である。
それは同時に、TZT魔法王国にとっても慎重な運用が必要とされた。
ましてや今回は2人もの投入。
TZTは本格的に両国の戦いに決着をつけようと思い始めているのである。


ところで、ガウスの里とTZT魔法王国二国の分裂は500年前に遡る。
この2国ははるか昔、北地区と南地区に2分されていたものの1つの大きな国であった。
分裂の原因は住人の持つ生得的力の違いにあった。
北地区の住人はいずれも生まれつき何らかの特殊な力を持って生まれて来た。
そして、その力は昔から「狂技」と呼ばれてきた。
種類は様々、しかし誰しもが戦えるほどの能力を持って生まれてくるわけではなかった。
力の強弱、そして力の質こそが現在のガウスの里の軍人と住人の違いでもある。

一方、南地区の住人は4属性に分類される「魔法使い」の血筋であった。
炎、氷、雷、聖。
特殊な力を持って生まれてくるという点ではどちらも地区も同じである。
しかし両者は次第にどちらが優れているか?という些細な疑問から二分され、現在の両国に至るのである。



(ガウスの里)

各隊長たちは配置につき、魔法王国の襲撃を待ち構えている。

最も重要な戦いのポイント、里の進入口である正面を任されたのは第3部隊と第4部隊であった。


バルバロスガウス「この門は最終防衛ライン。絶対に彼奴らを通すわけにはいかん」

体格が大きくがっしりとした男が里の巨大な門を見つめながら呟いた。
それに答えたのは隣に胡坐をかいて座る、刀を背負った老人である。

ガウス正宗「今回我々の部隊はお主の部隊と共同で正門の防衛じゃ。失敗は許されんの」


彼らはそれぞれ、第三部隊、第四部隊隊長である。

本来正面から迎え撃つ役目を負う戦闘部隊の第一部隊は隊長が牧場の一件で負傷したため、今回は後衛にあたることになっていた。

ガウス正宗「今回の戦い、何かがいつもと違う予感がするの」


バルバロスガウス「なに、今まで俺の第3部隊は幾度と彼奴らの侵入を阻止してきた。四天王クラスがでてこない限り、十分守り切れるはずだ」

TZT魔法王国の四天王クラス。
その力はガウスの里の隊長を遥かに凌ぐ。
しかし基本的に彼らは魔法王国防衛のため国から出てくることはなく、まして戦線に投入されることは滅多にない。



(ガウスの里門前)

ガウスの里門前には既に大勢の兵達が並んでいた。
皆魔法王国から送り込まれた部隊である。

並ぶ兵達を見回しながら、一人の男が叫び声をあげた。
その姿は、まぎれもなく全裸である。

ふじけん「そろそろ、突撃する!各隊員、裸で用意をしておけ!」



イタチザメは高くそびえる門を見上げながら、今頃この中で警戒態勢に入ってい
るであろう女性の事を今もまだ想う。
しかし、すぐにその迷いを振り切った。

そして、ふじけんが合図を叫ぶ。


ふじけん「ゴーネイキッド!(裸になれ)」


轟音が響き渡り、敵が里への攻撃を開始した合図。
戦いが、始まる。





(ガウスの里研究所)

研究員「戦いが始まって、もう一時間か・・・」

そこはガウスの里の研究員達が避難する場所。
心配そうな顔をする者、震える者、神に祈る者。
反応は三者三様であったが、ただ一人楽しそうに笑う者がいた。

研究員「なぁ、あんたどうしてそんなに楽しそうなんだ?」

信玄「当たり前でしょ。だって今日は特別な日なんだから(^-^)」

信玄は笑みを崩さず、ただそう答えた。




(門前大広場))

第3部隊、第4部隊と魔法王国の兵達の戦いが始まりはや1時間。
防衛部隊である第3部隊、そして2人の隊長の活躍によって現在、TZT魔法王国の敵兵は里前地点で食い止められていた。


バルバロスガウス「ふん!」

バルバロスガウスの振り回された拳が轟音をあげ、敵兵達が吹き飛ぶ。
バルバロスガウスの持つ力は自身の肉体強化。
しかし単純な攻撃力だけではなく、その体はあらゆる攻撃を寄せ付けない「鉄壁」とも呼ばれていた。
魔法王国の兵達の使う魔法を全く意に介さず、ただその肉体のみで敵を散らしていった。


魔法王国兵「おおおおおお!」

複数の兵達が戦場にいる1人の老人に向かう。
しかしその老人は自ら持つ刀でその兵達を目に留まらぬ速度で斬り捨てていた。

ガウス正宗「この歳になっても戦場とは・・・争いとは難儀なものじゃの」

今の瞬間まで刀を握っていたはずのガウス正宗の両手には銃が現れ、次々と敵を撃ち抜いていく。
ガウスの正宗は自分の想像した武器を「創り出す」ことができ、どの武器の扱いにおいても彼は達人級の腕前であった。

隊長を中心に、里の兵達は確実にTZT魔法王国の兵達を押している。
ガウスの里の兵の誰もが、今回の戦いの勝利を確信していた。

そして、異変が起こる。

兵達「ぎゃああああああああああ!?」

激しい電撃とともに、相当数の里兵が宙を舞う。

はるか後方から男の叫び声が響いた。

ふじけん「おいおい、情けないなお前らー!?裸にならんからだ」

遠く、無数の人が交戦する中で見にくかったが、バルバロスガウスの目には確かに全裸で仁王立ちする人影が見えた。


ふじけん「ネイキッド・サンダー!!(裸の雷)」

男が叫んだ瞬間、全裸の体からおびただしい電撃が現れ、周囲の兵をことごとく弾き飛ばしていった。

バルバロスガウス「まさか・・・雷帝だと?」

バルバロスガウスは戦慄した。
四天王が戦線に出てきたということは、それだけで形勢がひっくり返される恐れがあったからだ。
ふじけんはガウスの里の強固に守れた門の前に経つ
門の前は震えながらも多数の兵達が体を張って守ろうとしていた。

ふじけん「なんだ、このいまいましい門はー!?服を着てないから通さんとでも?あほか」

そう叫ぶと、ふじけんは再び詠唱を始める。

ふじけん「裸の雷よ。迸るその力をもって全てを裸の荒野と為せ。ネイキッド・サンダー!」

その男の裸体から夥しい雷が迸り、門の前の兵もろとも強固な里の門を一瞬で塵と化した。
どれだけの兵が攻めて来ても簡単には破られなかった最終防衛ラインを、たった一人の裸体の男に破られたのである。
そこから一気にTZT魔法王国の兵は里の中へと雪崩れ込んだ。



バルバロスガウス「・・・ぐ、総員、里の中で迎え撃て!これ以上奥へ入れてはならん!」

バルバロスガウスは兵達を里の中で戻し、これ以上の侵攻を阻止するべく自らも後退を余儀なくされる。
そして、バルバロスガウスはその全裸男の前に立ちはだかった。

ふじけん「・・・ほお、お前が隊長のようだな。服は着てるようだが、少しは楽しませてくれるのか?」

ガウス正宗「わしもおるぞ」

その場に一人の老人も加わる。

バルバロスガウス「加勢・・・感謝する」

ガウス正宗「わしら隊長二人でも勝てるかわからんが・・・わしらはこの里を守らねばならぬ。わしの長い人生、今こそ真に命を賭ける時じゃ」

2人の隊長はまるで生きた心地がしなかったが、隊長2人がかりという状況のためなんとか平静を保つことができた。

ふじけん「こいつらの相手は俺が一人でやろう。お前は先にいけ」

イタチザメ「ああ、わかった」

ふじけんの背後からいきなり現れた少年はそのまま瞬時に二人の隊長の横を通りすぎていった。

バルバロスガウス「今のは”不死者”だと・・?そんな・・・四天王が二人とは・・・」

ガウス正宗「仕方あるまい、あやつは他の者に任せましょうぞ。今は我々の命が危ない」

二人とふじけんは互いに対峙する。


ふじけん「ネイキッド・サンダー!!」

辺り一帯に再び強力な電撃が走り抜ける。

バルバロスガウス「うおおお!」
バルバロスガウスはガウス正宗を庇うように前へと出た。

ふじけんの体から襲い来る電撃を、強化した自身の体で受け止める。


バルバロスガウス「ガウス正宗ー!!」

攻撃を防ぎきったバルバロスガウスは叫んだ。

ガウス正宗「おおおお!」

合図とともにガウス正宗は同時にすぐさま背後から飛び出した。
刀を抜き、そのままふじけんに切り掛かる。


ガウス正宗「名刀、正宗の切れ味じゃ!」

一瞬の出来事。
彼の目にもとまらぬ斬撃はふじけんを幾重にも切り裂いた、はずだった。
妙な感触にガウス正宗はすぐに後ろへと退く。

ガウス正宗「・・・無傷じゃと!?何も服を着ておらん、無傷で済むはずが・・・」

ふじけん「裸をなめたな?その程度では俺のネイキッド・オーバーコートには傷一つつかんわ!」


二人はこのでたらめな敵にただ呆然とするしかなかった。


バルバロスガウス「ぐ・・・」

鉄壁と呼ばれる彼も、雷帝の攻撃の前では無傷とはいかなかった。
左腕は動きそうにもない。

ふじけん「耐えたのは対したものだが、いつまで持つかな?いい加減に服を脱いだらどうだ」

ふじけんは再び、その裸の体を広げ力を集中した。

ふじけん「ネイキッド・サンダー!」


バルバロスガウス「ぐ・・・!」

バルバロスガウスは再びガウス正宗の盾となる。

ガウス正宗「おい、あまり無理をなさるな!お主の体が・・・」

バルバロスガウス「いや、俺はこの里を守る盾となると誓った」

そう答えるバルバロスガウスの全身は既に黒く焼け焦げていた。


バルバロスガウス「俺は死んでもこの里を守り通す!決して通しはしまい」


ふじけん「その心意気やよし!ネイキッド・」


その時、呪文を唱えようとしたふじけんの元に人影が舞い降りた。

機GAUSU機「狂拳三式 狂連」

ふじけんの生身のボディにすさまじい打撃が連続で打ち込まれる。

ふじけん「・・・っ!?オーバーコートを・・・わずかに貫通してくるとは」

刀で切られても無傷だったふじけんは、わずかによろめく。

バルバロスガウス「機GAUSU機!お前、怪我はいいのか?」

舞い降りた男はお腹に包帯を巻き、首からネックレスを提げている。
ネックレスは常に身に着けているものだったが、包帯は先の戦争で負傷した際のものだった。


機GAUSU機「エンジェルス・ガウ子のおかげで八割方回復した故、加勢に参った」

ガウス正宗「あんたの加勢とは、こりゃ心強い!」

機GAUSU機は狂拳の使い手として隊長の中でも一番の実力を誇る。
隊長3人と四天王1人という構図ではあったが、既にバルバロスガウスは重症を負っていた。



機GAUSU機「もう奇襲が通じる相手じゃない。次の一撃で決めなければ恐らく俺達の命はないだろう。連携を行う!バルバロスガウス、もう1発だけ耐えられるか・・・?」

バルバロスガウス「大丈夫だ、必ず防ぎきる」

一瞬の打ち合わせの後、すぐに機GAUSU機とバルバロスガウスは2人でふじけんに向かって走り出した。


ふじけん「ネイキッド・」


次の呪文を唱えようとした時、突如ふじけんの足元が爆発し、体勢を崩す。

ふじけん「ぐ・・・あのじじいか!」

ガウス正宗は大砲を創造していた。奴の体に傷を与えることはできなくても、足
元を狂わせることによってわずかな隙を作り出したのだ。

ふじけん「これしきで俺は止められんわー!」

ふじけんは接近する機GAUSU機に向かって雷を纏った拳を繰り出した。

だがその拳をバルバロスガウスが体で受けとめる。

バルバロス「ぐっ・・・!」



機GAUSU機「おおおお!狂拳五式 狂帝!」


ふじけんの体に、独特の構えから繰り出される一撃が直撃した。

ふじけん「がっ・・・・はっ!」

吐血し、ついにふじけんは地に伏す。


機GAUSU機「はぁはぁ・・・これで、今度こそ・・・」

治りかけていた傷が開いたのか、機GAUSU機の巻かれた包帯から血が滲んでいた。
バルバロスガウスは度重なるふじけんの攻撃をすべて体で受けていたため、地面に座り込んで息を切らせている、
すぐにでも治療室へ行かなければ命が危うい状態だった。


ふじけんは倒れており、ピクリとも動かない。

そして






ふじけん「ゼンライズトゥルーーーース!!(全裸こそ真実)」



高らかに叫びふじけんは再び立ち上がった。



機GAUSU機「そんな・・・まだ動けるだと?」

再び目の前に現出した悪夢に、彼らは一瞬の隙を見せてしまった。


ふじけん「剥き出しの稲妻よ。その力を収束し、あらゆるものを剥き出しにせよ!ベア・ライトニング!(剥き出しの稲妻)」

ふじけんの体から電撃の収束した塊が放たれた。
ネイキッド・サンダーが範囲重視ならば、こちらは電撃を収束した威力重視の術。


咄嗟の出来事に隊長達は対応しきれなかった。

機GAUSU機「まずい・・・!避けきれん!」

だが、いち早く反応していたのは最も重症であったはずのバルバロスガウス。
彼は機GAUSU機の前に立つ。
その体はもうあれほどの攻撃に耐えられないであろうことは傍目から見ても明らかだった。

機GAUSU機「やめろ・・・!その体であの攻撃を受けたら」



バルバロスガウス「構わん、後を頼んだ」

凄まじい爆発が起き、雷が四方に拡散する。
後方の二人は無事だった。



機GAUSU機「・・・狂拳五式 狂帝」

機GAUSU機は拳を血が滲むほどに握り、首から提げたネックレスをたなびかせて再びふじけんへと立ち向かう。


バルバロスガウスがいた場所には彼の壊れた無線機だけが残されていた。


(ガウスの里中央区)

既に中ほどまで侵入していたのは四天王の1人、イタチザメ。
彼の心は戦いが始まって再び揺れていた。
果たして彼女と出会ったとき、戦うことができるのだろうか?
彼は自分でもわかっていた。この気持ちは抑えようもないものだということに。

ため息をつきつつ、遠くの時計塔を見上げていた時だった。




エンジェルス・ガウ子「侵入者ね、ここは私の管轄区。ここから先へは行かせないわよ」


最初、お互い敵の出現に身構えたが相手の顔を見て両者ともに動揺が走った。


イタチザメ「エンジェルス・ガウ子なのか?」



エンジェルス・ガウ子「・・・」


しかしエンジェルス・ガウ子はすぐに冷然と告げる。


ガウ子「関係ない。あなたは敵、それは代わりのないことよ。ここであなたを殺す」



次の瞬間、ガウ子はナイフを抜きイタチザメに切り掛かっていた。


イタチザメ「っ・・・!?」
イタチザメは咄嗟にかわす。



イタチザメ「ぐ・・・だめだ!やはり君とは戦えない!」


ガウ子「あなたは敵、これは変えられない運命。私たちは最初からこうするべきだったのよ」



イタチザメはわかっていた。彼女も苦しんでいるのだということを。しかし、だからこそーー。
実際に再会し、彼の心は既に一つの結論を出していた。


ガウ子「何をやっているの?あなたの実力なら私などすぐ殺せるはず。おとなしく死んでくれるというのかしら?」


イタチザメ「ああ、構わない」


イタチザメはゆっくりと動きを止めた。その目には覚悟の色が浮かんでいる。
今度はガウ子が動揺する番だった。
あの四天王の一人が、まったく無抵抗という状況に。




ガウ子「騙されないわ、そう言って隙をつくつもり?」


イタチザメはしばらく沈黙し、やがてゆっくりと告げる。

イタチザメ「僕は・・・心から君を愛しているんだ。だから、たとえ殺されても君を攻撃することなんてできない」


ガウ子「っ・・・・」

しばらくガウ子の動きが止まる。

ガウ子「・・・なら、貴方には死んでもらう・・・!」

そう言うとガウ子はイタチザメにナイフで切り掛かった。


ドスッ




ナイフがイタチザメの胸の辺りに突き刺さっている。その先端部分のほんの少しだけが。

イタチザメ「ガウ子・・・?」


ガウ子「だめ・・・殺せない・・・敵なのに、私は隊長なのに・・・だって私もあなたを本当に愛しているから」



そう言うとガウ子は座り込み、泣きだしてしまった。

イタチザメ「大丈夫、きっと和解の方法はある。僕が君を守るよ」


ガウ子「イタチザメ・・・ひどいことしてごめんなさい。やっぱり私あなたとは戦えない。だから、一緒に」




その時



一匹のうさぎが



舞い降りた




舞い散る鮮血




崩れ落ちるガウ子の体






そのうさぎは不敵に笑う






信玄「まずは一人目影法師」






後編に続く

スポンサーサイト

<< 第3章「beginning of the war」後編 | ホーム | 第2章「各々の想い」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。