プロフィール

おろきん

Author:おろきん
おろきんです。

大学生
年齢:おろきん
性別:おろきん
所在地:G







現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

リンク

リンク2(バナー集)

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ最新話感想

おろきんです

しばらく更新してなかったので、そろそろ更新しようかと


現在視聴アニメの最新話の簡易感想を順に載せていきます


・そらのおとしものf11話

原作は既読済み
今期の最注目作

後1話で完結のようですが、いやはやアニメでも同様に素晴らしい作品であると思います(暴走ぶり云々含め)

さて、最新話では完全にアニメオリジナルの話でカオスが成長して再び登場しました

この最新話での注目点はなんといってもバトルシーン
魅せるバトルシーンはこのアニメオリジナル展開の一番の見所であると思います

後1話で完結とのことですが、劇場版もあるようでそちらも楽しみに待ちたいところです


・とある魔術の禁書目録Ⅱ10話

原作は既読済み

私が心待ちにしているのは原作のライトノベルで言うと12巻以降の話です
とは言え、現在でも安定して楽しめる作品となっています

現在は原作の「お祭り」の話ですが、最新話ではついに上条さんとオリアナが真正面からぶつかることとなります

上条さんの例によるセリフ調にも、もはや親しみが湧いてくるのは不思議なところです

それぞれのヒロインの可愛さや魅力は問題なく表現できていると思うので、後はこの先のバトルシーンを如何に描けるかですね


・俺の妹がこんなに可愛いわけがない11話

原作は既読済み

アニメ版は基本的に原作に忠実に作られていますが、気になったのが2点
最初に、あやせにばれて云々のあやせとの議論のシーンが結構削られていた気が・・・?
尺の問題上というよりは、この作品のメッセージ性を反映する大事な部分でもあるのでできたらあまり削っては欲しくなかったかも
そしてもう1点、小説のアニメ化云々の話です
完全にアニメオリジナル展開ですが、あれならば原作通りの方が良かったのではという感じがします
原作改変の全てが悪いというわけではなく、あの部分に関して原作通りの方が良かったのではという理由は主に2つでしょうか
1、単純に両者を比べてみて、原作の話の展開の方がより面白みがあったと感じたから
2、原作のあの話は黒猫の京介に対する気持ちの変化の契機ともなっていると思うから(そのイベントがアニメ版では削られてしまった)

もし2期以降を放送することになるのであれば、2の観点からあの部分に関しては原作通りの方が良かったと思います

最新話は妹が今までの感謝の意を兄に伝える大事なエピソードでした
今までの話の中で最も楽しめたのではないかと思います


・ヨスガノソラ11話

原作は未プレイ

このアニメ版ヨスガノソラでは、アマガミと同じくヒロインのルート毎に時間が巻き戻って放送されるという形式をとっています
私は前々からヒロインが大人数の恋愛ゲーム原作のアニメは思い切ってルート毎に時間が巻き戻る形式で作った方が良いのではと感じていました(例えばD.Cなども)

どうしてもこのような原作をアニメ化して1本の道筋の作品にしようと思ったら、数多くあるヒロインの話を混ぜ合わせざるを得なくなってきます(Trueルートなど1本でも確固としたストーリーのある原作ならばともかく)
そうなるとよほどうまく構成しない限り、どうしても歪な物語になりがちです
もちろん、京都アニメーションのAir、kanon、clannadなど(これらの原作はプレイしていませんが)は時間巻き戻し式でなくとも、かなりうまく構成されていました
なので、1本で混ぜ合わせるのが困難な作品では時間巻き戻し式という作り方もアリ、というわけですね

さて、ヨスガノソラではいよいよ原作の本ルートらしき穹ルートへと突入し2話目となりました
この穹というヒロイン、他の数多くの作品との決定的な違いは主人公の「実の」妹という点です
妹系ヒロインは数多くいますが、大抵「義理の」であったり、後から実は血が繋がっていないことが判明したりと実の血の繋がった妹がヒロインとなることはあまりないのではと思います(サブキャラならばともかく実際のルートが存在するという意味において)

さらにもう1点、このアニメ版ヨスガノソラの大きな特徴点として18禁(ほぼそれに準ずる)シーンが必ずあるという点があります
深夜作品にありがちのお色気という意味ではなく、そのままのガチのシーンです(黒線?などで多少の規制はしてあります)
BSなどでも放送されているので、いくら深夜でもこれはなかなかチャレンジャーとも言えますね
これまでのヒロインの話において、そういったシーンが入ってくることによって作品の雰囲気やら余韻が壊されると感じた場面も多々あったわけですがね


このようなヨスガノソラはついに実妹のルートに突入しました
ある意味この作品の核となるテーマともなりそうで、どのように描かれるのか見物でした

最新話ではついに2人は一線を越えてしまいます
好きで好きでどうしようもない二人、しかし倫理的な問題が立ち塞がります

どうにも惜しいのが、主人公の悠が穹に惹かれた根本的な理由があまり描ききれていないことでしょう
9話のあのシーンを目撃して、涙を流すという感情を見せたところまでは良かったのですがその後は・・・
今回の話で2人が関係を持つ前に、例えば2人の過去における悠の穹への、もしくは穹の悠への気持ちの変遷など(穹が入院していた時や2人の両親が他界した時など)をもっと念入りに描いて欲しかったと感じました

尚、作画やBGM、楽曲といった点は非常に素晴らしいと思います

最終話でどのように描かれるのか楽しみであります
スポンサーサイト

<< ガウスの里物語 第一章「始まり」 | ホーム | 新作アニメ簡易感想 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。