プロフィール

おろきん

Author:おろきん
おろきんです。

大学生
年齢:おろきん
性別:おろきん
所在地:G







現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

リンク

リンク2(バナー集)

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

silent hill homecomingプレイ日記その2

おろきんです

墓地から再びスタートのプレイ日記その2です



墓地には犬が結構いましたが、犬はナイフの弱攻撃×2→強攻撃のコンボ2、3連辺りで簡単に倒せる模様

墓地を脱出し、そのまま町の修理屋の所へ行く途中に主人公の幼馴染と再会


そして修理屋の近くに町から脱出できそうな道があったのでそこを歩いていくと・・・
途中完全に霧に包まれていつの間にか主人公の進行方向も町の方向へと戻ってる

あっれーヽ(^o^)/




さらには道路が半壊してるところもあり、その時のthe half of this town is goneにはふきました


修理屋にて壊れていた自らの銃を差し出し、代わりとなる銃をついにゲット

初の遠距離武器ヽ(´∀`)ノ

その人の話によるとやはり町はおかしいようで、時計もある時間で一斉に止まっているとのこと
弟の行方はやはり市長さんが知ってるかもしれないとのこと

そして外へ出ると、異変
主人公が咳き込み出したのでてっきり持病フラグかと思ったら、単に後ろから接近してくる新敵が原因でした

犬よりは全然強く、何やら撒き散らしてくるので間合いを気をつけねばなりません

市長さんに会いに墓に戻ると、市長さんはおらず謎の時計を発見
そして突如主人公は意識を失います


目覚めるとそこは・・・



silent hill



えええええええええええええええええ




いきなり過ぎてびびた
やはり故郷とsilent hillには関連が・・・?

歩いていくと何故か弟がいたので追いかけると廃ホテルへと入っていきます

ああ・・・新たなるステージの予感



ホテル内のエレベーターを動かし、上っていくとガシャン、ガシャンという音

おててがスピアーのようなそれでいてなかなかに大きい敵が5連続ぐらいで襲ってきます
その場は銃で打ち抜いて事なきを得ました


そしてホテルの一室にて女性の歌声が聞こえるので話しかけると、何やら私の思い出の品を持って来てね^^と言われたので収集することに

その品々を探している途中、物凄い地響きが聞こえ何やらとてつもない存在が歩いてきてるのを感じ咄嗟に物陰に身を潜める主人公

その地響きの主は、まさかの奴でした


サイレントヒルシリーズ上、あまりにも有名すぎる三角頭


隠れているのに何故か目(というか三角の頭)が主人公のと合い、ひいいいいいいいいいいいいいいいいいというところでしたがこの場は去っていきました

後々戦うことになるんでしょうか・・・


そして続々と品々を集めていくと、先ほどエレベーターでかち合った敵が再登場

当初は相当に厄介に感じていた敵で、正面からの攻撃は両手で防がれてしまいます
この先も出てくるのですが、どうやら相手の攻撃のタイミングを図りながら間合いに気をつけてナイフの横回避からの繰り出し攻撃→弱攻撃×2→強攻撃の1連コンボが有効のようです


さらには何故かホテルなのにナースまで出てくる始末・・・
ああこれ、今のとこ出てきた中では接近戦で一番強いのがナースな気がする


なんかもうすごい速度でナイフ振り回してくるので回避行動が難しいです
一度向こうのナイフメッタ斬りコンボ食らうと連続で体力を削られます



そして品々を全て収集し、女性に手渡す主人公
てっきり女性がボスかと思いきや、お礼に鍵をもらって今まで鍵で封印されていた扉を開けると弟がいました

しかし地面が崩れて落下する主人公をただ眺める弟
・・・助けて欲しいよおおおおっと言いながら落下していく主人公
とはいえ主人公の大柄な体をあの弟が引き上げられるのだろうか・・・?




そして落下先では回復薬とセーブポイント
道の先には巨大なホール

ああ、ボスフラグですね わかります


確か今作品では初のボスかな?


そしてホールの扉を開けようとすると鍵がかかってる・・・
あれ?

これどうすればいいんだ・・・?と疑問に思ってると・・・


突如サイレンの音が鳴り響き忽ち周りは裏世界へと突入
ぬーなんとも絶妙なタイミングで来てくれるよ


そして案の定鍵がかかってた扉も、某作品の心の鍵ばりにunlockされてました


中には市長の姿

彼の話によると何かが町の人たちを持っていってしまい、私には救えなかった
そして主人公にも止めることはできないだろう、と


そして頭上よりついにボス登場




初ボス戦

さあ戦闘・・・開始!



30秒ほどでgame overヽ(^o^)/



再び戦闘・・・開始!





マタシンダヽ(^o^)/






バイオハザード4のボス戦を思い返してみよう
あれは、攻撃繰り出される前に回避ボタンが出てそれを押せば良かった

だが、これは完全に自らでタイミングを計らなければならない
しかも1発1発がでかい


回避に神経を集中させ、周りの肉塊を破壊

本体が振ってきたので、突撃!


game overヽ(^o^)/




再び攻撃を回避しつつ肉塊を破壊

そして本体の手の攻撃を間合いとタイミングを計って慎重にかわし、ナイフにて反撃しつつ再び間合いを取ります


何度か攻撃しているとトドメのコマンドが出て、ついに主人公の必殺のトドメが繰り出されました


何とか倒したが・・・これは回避のタイミングが思ったよりもシビアだった




そして主人公は気を失い、目覚めると何故か警察署の檻の中
どうやら故郷に戻ってきたようで、故郷の警察署のようです
そして説明書の人物紹介のところにも書いてあった、警官のおっさんが登場

いろいろと話を聞かれ、化物を見たことを話すと共同戦線を張るということで解放
その人の後に続くと、警察署内に複数のクリーチャーが進入

これまた初めて見るタイプ
なかなかに手ごわそうです
この敵も間合いや回避に気をつけないと相当ダメージを食らいます

その警官は懸命にショットガンで応戦し、その間に没収されていた自らの武器を取りに行く主人公
バイオで言うところの相棒も戦ってくれている感じでしたが、主人公は何も武器を持っていなかったのでとりあえず引き返してみると部屋の中で武器を発見

すると、その部屋の通信機器より外部から通信が入り、幼馴染の助けを求める声が・・・
しかし突如現れたさらなる新手、さらに巨大なクリーチャーに警官は連れ去られてしまいます



警察署内を探索することになった主人公

謎のクリーチャーに襲撃される警察署
モンスターパニック系映画でありそうなシチュエーションではありますが、この作品がああいうのと大きく異なるところは雰囲気が不気味の一言に尽きるんですよね

警察署、というそこまで不気味じゃなさそうな場所でさえこの作品では探索していると一種の(不気味という種類の)恐怖を感じる辺りはさすがと思います
まあこの先のステージに比べたら不気味度は劣るわけですがね(最初の悪夢のステージは恐ろしかったが)

警察署でショットガンという心強い武器を手に入れ、外に出ると先ほど警官を連れ去ったと思しき巨大クリーチャーに襲われている幼馴染を発見

主人公に襲い掛かってきたので、とりあえずショットガン乱射で葬ってから主人公と幼馴染は下水道へと避難



ステージ下水道も特に問題なくクリアし、下水道脱出の辺りで幼馴染と引き裂かれてしまいます

弟の捜索に加え、幼馴染の安否を確認すべく地上に出て探索を再開する主人公の元にこれまた説明書の人物紹介にあった医者が何かを知っているという情報が入ったので病院へと急行


病院・・・
まさか・・・


その医者を発見するも、何故か血塗れで主人公から逃げて行ったので後を追って主人公も病院に入ります

中でスカーレットという子(患者かな?)の部屋を発見
人形類がたくさん置いてあります
封鎖されてる箱があったので、どうしたものかと思い再び廊下にでると・・・






なんだこれ(^o^)


廊下、通路
幅は狭く、動けるスペースもほとんどない

その中に

5体以上のナースが密集してる(^o^)



これまともにぶつかっていくと死亡フラグ確定なので、攻略サイトにより電気を消して隠密に暗殺者の如く1匹1匹斧の強攻撃×2→斧のトドメ攻撃のコンボで葬り去るように、とのこと



そして、電気を消して近づくと・・・

なんとすごく近くまで行っても気づかれない

そして手前にいたナースから斧を振り上げ、攻撃!

奥にいた大量のナースがこっちを向いて一斉にプルプルし出し、まさにひいいいいいいいいいいいいという状況
しかしこれも攻略サイトによると、プルプルし出しても電気を消してれば気づかれることはないとのこと

そして何とかそのまま息を潜めていると、ナースがこちらに攻撃・・・はしてこない

これはいけると思い、再び手前のナースに斧で攻撃!



奥のナース達「ピクッ、ピクッ」

大丈夫、電気を消してれば気づかれないのよ


ザクッ


・・・?

シュンッ、ザクッ、ザクッ、シュンッ


game over


( ^ω^)・・・



大量のナースからメッタ斬りに合い、主人公は息絶えました




再び、箱を調べて部屋を出る所から

今度は斧じゃなくても拳銃でいけるんじゃね?という謎の幻想を抱き、銃で暗闇からナースの頭を狙い撃ち

バーン!



次の瞬間一斉にナースがこちらに向かって来、斬りつけて来ました


ひいいいいいいいいいいいいいいいいいということで逃げ惑い、物陰に身を潜める主人公

しかしこの時角度が悪かったのか、いくら視点をグルグル周りに切り替えても何も見えやしません
まさに闇です(ましてやライト消した状態)

だがわかるんですよ
こっちを視認できなくなって攻撃を止めても尚、目の前にいる大量のナースが・・・
だって、拳銃を前に向けると照準が赤くなるんですもの(照準が敵と重なると白から赤になります)

辺りはどこ視点切り替えても真っ暗闇なのでどこ動けばいいかわからない
目の前には大量のナース

ただただ、沈黙が辺りを支配する


・・・



なんだろう、ここまで冷や汗流したゲームって始めてかもしれない



もうこうなったら突撃しかないよね

というわけで正面から打ってでることにしました


バーン

バーン


シュンッ、シュンッ、ザクッ、ザクッ



game over



無理ぽヽ(^o^)/





まどろっこしいことはしない


作戦を変更しました



その箱が置いてあった部屋にあえて誘い込む作戦

最初、3匹ほどのナースが一気に入ってきます

そこめがけてショットガンをドーン!ドーン!

手始めに3匹ほどを葬り、続いて入ってきた2匹ほどのナースを拳銃で慎重に狙い撃ち葬り去りました


そして、箱の鍵を手に入れて箱を開けると・・・



人・・・形?

次の瞬間、人形の髪の毛がなくなり、朽ちていく人形
そして周りの景色も・・・

ああそうだ

すっかり忘れていた

ボス以来裏世界突入してなかった

サイレントヒルの不気味さの本領発揮は、まさに裏世界

今までのただの廃病院が、壁や床、辺りの置物が血塗れのような色になっています


病院の裏世界(?)のステージ名はhell descent(descendつながりで降下、階段といった意味かな?)というようです

地獄への降下、階段・・・


まさにそう形容してもおかしくないぐらい異様なまでの不気味な階段やら金網やらをどんどん下へ降りて行くことになります

先ほども書きましたが、サイレントヒルの魅力の1つが不気味という種類の恐怖
よくホラーものであるように、バンッ!といきなり驚かされて怖いという恐怖とはまた別ですね
こう体の芯にじわりじわりと来る、寒気が来る恐怖です


ここは特に強い敵が出てきたわけではありませんが、とにかくステージ自体がそれはもうなかなかに不気味なところでありました


そして次々と下へ降りていき・・・セーブポイントがあったところで一旦終了です


この階段を降りていった果てに主人公は何を見るのか
スポンサーサイト

<< silent hill homecomingプレイ日記その3 | ホーム | silent hill homecomingプレイ日記その1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。