プロフィール

おろきん

Author:おろきん
おろきんです。

大学生
年齢:おろきん
性別:おろきん
所在地:G







現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

リンク

リンク2(バナー集)

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

hujikenメンバーは貴方の隣に

おろきんです


itachizamenomai.jpg


結構指が疲れました







<ミニ感想>

・white album13話

最終・・・回?

確かに、どう考えてもこの話数では完結しそうにないとは思ってましたが;^^
どうやら「つづく」といった感じのようですね


最初のほうは正直微妙でしたが、登場人物も増えて展開も動き、なんだかんだで面白くなってきたと思います

続きがそのうち放送されるなら視聴する予定

・地獄少女25話

明らかになったゆずきの過去、というか生前の記憶

父母ゆずき3人の幸せだった家庭
しかしバス運転手だった父親は突如車両の整備不良により、多くの乗客と一緒に・・・
加えてバス会社は車両に整備不良は全くなかったと完全に責任逃れ
そのことによって残された2人は乗客の遺族から人殺しと罵られ、近所には噂が広まってどんどん孤立していく2人
唯一味方と思われたスーパーのおじさんは母親狙いで優しくしてたらしく、拒否されたら完全に手のひら返すという始末
とどめに母親は重い病気
完全に限界に立たされた母親はゆずきと一緒に死のうとするも、娘を殺すことはできずにそのまま他界
残されたゆずきは母親の遺体を桜の木の下に埋めて、一人家に帰りそのまま父親から誕生日プレゼントにもらったぬいぐるみの上で白骨化死体に

・・・これまたなんとも重い話ですね;^^
記憶が戻ったことで、ついにゆずきは地獄少女になる決意を・・・

とはいえ「罪のない人は流さない」ですか・・・
流す流さないには一切干渉できない地獄少女
罪のない人が・・・というのには今期の13話もそうですが、1期の看護師の話も印象的かな


そうした地獄少女という役目の現実に直面した時、ゆずきはどういった答えをだすのでしょう
スポンサーサイト

<< ガウス・ハルゲン新著 | ホーム | 世界の中心で狂乱 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。