プロフィール

おろきん

Author:おろきん
おろきんです。

大学生
年齢:おろきん
性別:おろきん
所在地:G







現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

リンク

リンク2(バナー集)

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GAUSUTOEBANGERION

どうも おろきんです

本日は家におやっさん、和歌、ハヤオ(ひでぴょん、河童)がやって来ました
しかし何やらPCの接続が狂乱していて、YOUTUBEの動画がスタートしないという(;^ω^)
今もネット表示されるのも遅いです
原因は不明ですが、早く直るといいですね・・・




さて、続きはひぐらしのなく頃に第9話「交渉」簡易感想です

沙都子の救出という困難な運命に立ち向かっていく圭一達
圭一の考えた作戦とは、あくまでもルールに則って戦うこと
つまりもっと多人数で陳情に行き、児童相談所に事の性急さをわかってもらうということでした


vlcsnap-61682.png


vlcsnap-61944.png


そしてまずは圭一がクラスに呼びかけたことにより、クラス全体で決起

この辺りは圭一の得意とするところですね




vlcsnap-62104.png



クラス全体で児童相談所に陳情に行くも、相手側の意見は前と変わらず

しかしより大きな部屋、そして対応に当たる相手と確実に変化はありました

それだけではなく、同じクラスの仲間を助けようと皆ますますやる気を
出します
まさに雛見沢の団結力ですね

そして圭一達はさらに大人数で攻めることにします

vlcsnap-63271.png


エンジェルモートの常連達一斉決起( ^ω^)(亀田君含む)

ここでのKと亀田君のやり取りはやはり面白かったですね
原作はもっとすごかったかも


さらにイリーや鷹野さん、富竹さんも来てくれることに
3人とも山狗の件で協力できなかったことを申し訳なく思ってるみたいですね

これにより陳情に行く予定人数は60人を普通に超えることになりました
この時点でもうすごいです\(^o^)/


vlcsnap-63965.png


圭一に大石さんが忠告に来ますが、これは忠告というよりも圭一にやる気を出させるための激励みたいなものですね
大石さんも警察という立場上表立って協力するというわけにはいきませんが、圭一達の行動を温かく見守ってくれているようです


そして翌日、学校についに沙都子が登校してきます
やはり目には元気がありません・・・


vlcsnap-64846.png


圭一に頭を撫でられた沙都子の目から零れる涙

祟殺し編では圭一に頭を撫でられた沙都子は教室で暴れだしてしまいます
だからこれは沙都子の心はまだそこまでは蝕まれていないということです
とはいっても、一刻も早く助け出さなければならないのは事実

vlcsnap-65410.png


皆が沙都子に手を伸ばすように言いますが、沙都子は決して伸ばそうとはしません
やはり沙都子救出の大きな鍵は、沙都子自身が助けを求めることですね・・・
本人が助けを求めれば、児童相談所も動いてくれそうです

しかし去年のこともあり、なかなか難しいところです;@@

vlcsnap-65652.png


そして校長先生が来たとたん怯えだしてしまう沙都子

これは皆殺し編の最初のほうで出ていた例の病気ですね
一度思い込んだものはそう見えてしまう病気・・・
これも重要な情報だったりします



vlcsnap-66291.png


どうやら沙都子は鉄平に兄の部屋を燃やすと脅されているようです
なんと卑劣な;@@

確か原作では、兄の部屋を滅茶苦茶にするとかだった気がしますが結局同じようなことかな


vlcsnap-66947.png


そして再び児童相談所に集まる大人数の人々
代表として3名が話をしにいきます

この描写だとわかりにくかったかもしれませんが、ここでもまた児童相談所の対応は少しずつ変わってきています
とはいっても相手側の意見はあくまでも慎重な対応をするということ

やはり鍵は沙都子自身が虐待を認めるかどうかにあるみたいです

vlcsnap-67521.png


この世界はやはり違う
改めてそう感じた梨花は「この世界でも死の運命から逃れられなかったら、時間のループを止める」という決意をします;@@

そして梨花自身が傍観者のままであったことを悟り、自らも動くことを決めて出した提案とは・・・

「自分が沙都子を説得する」ということでした
梨花は沙都子の一番の親友
沙都子の心を開かせるには梨花が鍵を握っていそうです


次回、いよいよ山場となりそうです
大石さんの言うように、園崎本家がこの事実を知ってしまった以上このまま圭一達の行動を黙って見ているはずがないでしょう
そして当然、北条家を忌み嫌う雛見沢の老人層もこの陳情騒動を知ってしまっているはず
圭一達の前にさらに立ちはだかる壁


果たしてどう立ち向かっていくのか、次回も楽しみです
スポンサーサイト

<< 文化祭そしてガウスへ | ホーム | 文化祭のガウス >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。