プロフィール

おろきん

Author:おろきん
おろきんです。

大学生
年齢:おろきん
性別:おろきん
所在地:G







現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

リンク

リンク2(バナー集)

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケットモンスターブラック 感想

おろきんです

ポケットモンスターブラックを購入、大方クリアしたので簡単に感じた点など感想を書こうと思います


過去の作品と比較し、今作の特徴としては比較的「ストーリーや演出」がより創り込まれていると感じました

プラズマ団との戦い
~団に対して主人公が立ち向かう、という点は同じですが大きく違うのはテーマ性
彼らプラズマ団の主義主張、はたまた各々の登場人物の主義主張

そして作品を通して如何なるテーマを持ち、結末を迎えるのか
この辺りが今までのポケモンシリーズと比較しても本当によく創り込まれていたと思います


そして演出面でも、最新作ということで過去最高の盛り上がりを見せてくれるクオリティの演出でありました


このポケットモンスターブラックという作品、今までプレイしてきたポケモンシリーズ(赤緑、金銀、ルビーサファイア、ダイアモンドパールetc)の中でも屈指の面白さであったと思います


さて、多少ではありますがいくつか気になった点を


その1「野生ポケモン出現の頻度について」

これは過去シリーズにおいても同様と言えます
歩いていると常に野生ポケモンが現れる洞窟etc・・・

一刻も早く先に進みたい、次の町へ行きたい
そのような時、野生ポケモンと戦闘→逃げる→1歩歩く→再び野生ポケモンということが繰り返されてしばしばストレスが溜まるという経験はないでしょうか?
断続的な草むらならまだしも、それが全フロアとなる洞窟ならばこのように感じることが頻繁にありました

こうしたシステムはドラゴンクエスト等とも似ており、「いちいち戦闘画面に入ってもう嫌だ・・・」と思ったこともあるのではないでしょうか

もちろんこの様式自体、これはこれとして魅力の1つと言えると思います
こちらが死んでしまいそうな時、いつ敵が出てくるかわからない緊迫感
そしてポケモンに関しても同じこと、逆に大量捕獲をしたい時など逆にたくさん出て欲しい時もあります

しかし限度というものがあり、この度のポケモンでもこの点が気になった時が多かった為に書きました
プレイヤーに楽しんでプレイしてもらうという観点からすると、ストレスが溜まる瞬間が多いのは問題です
対策として過去のシリーズにもむしよけスプレーetcといったアイテムも用意されていますが、やはりこれだけではどうにも十分ではない気がします
他にも出現量をもう少し調整できるアイテムなり、システムなりがあったらより快適にプレイできるようになるのではないかと感じました


その2「名前を持った登場人物について(プラスマ団のメンバーなど)」

今回では非常に多くの名前を持ったキャラクターが登場しました
プラズマ団だけでも、幹部である七賢人や七賢人のTOPの側近であるダークトリニティなど設定が非常に凝っていてストーリーとしても面白みが増していたと思います

しかし(ネタバレになりますが)これらのキャラクターは七賢人のTOPを除き、特に主人公と戦うこともないままエンディングを迎えてしまいました

例えばそれぞれの幹部やダークトリニティとの戦い(ポケモン勝負)等を各所で織り交ぜることによって、ストーリーや演出をさらに盛り上げる余地はあった気がします
特に七賢人に関しては名前も与えられていたにも関わらず(クリア後のイベントもあるとはいえ)結局プラズマ団のTOPに利用されていただけの名ばかりキャラで終わってしまった感は否めません



さて、これらはあくまでも「もっとこうしたほうがもしかしたら・・・」と私が感じた点に過ぎません
このポケットモンスターブラックという作品は、私が今までにプレイしたどのポケモンシリーズよりも楽しむことができたというのが総評です
スポンサーサイト

20世紀少年、HACHI 約束の犬

おろきんです


20世紀少年第3章(第1章と第2章はテレビ放映にて)、HACHI 約束の犬を鑑賞しました



・20世紀少年

なかなか楽しめましたが、特定の登場人物以外はキャラクターが立ちきれていなかったように思います
特にラストのフクベか・・?という場面では、フクベって誰だっけ?となりました;^^(実際はフクベではなかったわけですが)
登場人物が多い故に映画という時間の制約上もあるので致し方ない部分は多いのかもしれません

・HACHI 約束の犬

あの有名な忠犬ハチの話を映画化したリチャードギア主演の作品です
感動もので動物ものはまさに王道、そして王道なだけに素晴らしかった

ひたすらに待ち続けるハチ、そして最期の回想のシーンは感動ものです

ちなみに主題歌として使われている青山テルマの「忘れないよ」
個人的には曲調も歌詞も気に入りました

うみねこのなく頃に episode7 requiem of the golden witch

おろきんです

新作、うみねこのなく頃にepisode7をクリアしました
推理ではなく、簡単に概要と気になった点を綴ろうと思います

この商品、都会のあらゆる取扱店では品切れ状態であり、2次予約せざるを得ない状態でした
しかし幸い地元のPCショップにて少量残っていたため無事に購入


以下、うみねこのなく頃にのネタバレを含むためご注意ください





この新作では、いよいよこの物語の核心となる部分の多くが語られました

今回特に留意したい点としてはやはり、以前にも出てきた金蔵がどこより連れてきた赤子、右代宮理御という存在

そして、紗音という存在も同様です

この作品の特性上、どこからどこまでを真実、あるいは幻想とするかは注意しなくてはなりません
今回語られた金蔵の過去に関してもそれは言えそうですね(お茶会での理御の回想より)

前回と今回から鑑みるに、文字通り受け取れば例の使用人の2人は=であり、さらに今回理御とも同じであるといった描写が見受けられました
=というのは単純に別人格が存在している、という解釈で捉えています


今までの魔女幻想、そして誰も生き残れない仕組み等々は明らかになりましたが各EPの細かい「晩」については詳しくは語られず
ウィルが多少切り込んではいましたが、EP3のラストの殺人など触れられなかった点もあったのは気がかりです

次回のEP8で完結のようですが、このうみねこのなく頃にのラストを飾る物語として如何なるものになるのか楽しみです






さて、話は変わりますが現在視聴しているアニメ作品は以下の通りです

・戦国BASARA弐

・セキレイ pure engagement

・学園黙示録

・けいおん2期

・黒執事Ⅱ

・屍鬼



セキレイは原作と違う展開となっていますが、基本的な部分は原作と同じで辻褄を合わせています
よって、原作とはまた違って楽しめそうです

学園黙示録はサービスシーンの強調を余分に感じていましたが、近頃ではいっそ清々しいまでに突き抜けた演出をしてくれるので逆に楽しめています

屍鬼は原作既読ですが、演出が素晴らしいため毎回楽しみな作品です

テーマ : どうでもいい報告 - ジャンル : 日記

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。