プロフィール

おろきん

Author:おろきん
おろきんです。

大学生
年齢:おろきん
性別:おろきん
所在地:G







現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

リンク

リンク2(バナー集)

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

silent hill homecomingプレイ日記その4

おろきんです


サイレントヒルの町よりスタートし、捕らわれの警官と幼馴染を助けるために奔走する主人公

道中でライフルもゲットです


あまりネタバレは書きたくないので、大まかなプレイの流れだけを紹介

サイレントヒルの町の電力操作

ステージ「prison」

ステージ「church」

ファイナルステージ「underground」


という流れです


ここからは細部を書くと相当ネタバレの嵐になるので、大まかなことだけを書きます

prisonにおいて主人公に提示された選択肢
どうやらこれはエンディングを左右するようです

選択肢によってエンディングが変化するとは、これも新たな要素ですね
しかしその与えられた選択肢は主人公にとってあまりに残酷
あの選択肢を選ぶのはプレイヤーにとっても相当に辛いことだと思います

そしてprisonのボス

特に問題なく、ナイフのみで倒せました
回避→尻尾や本体に攻撃
やはり回避が重要ですね
主に体や手、尻尾を振り回してきたりするのでその辺りを避けつつナイフ攻撃です
尻尾が弱点だったのかな・・・?



churchではまたもやエンディングを左右する選択肢
教会ならではの懺悔室における選択肢です
3にも似たようなものがあった気がしますが、あちらはエンディングを左右するようなものではなかったと思います

そしてファイナルステージに突入するに辺り、次々と明かされる真実

さらに、ファイナルステージの深部にて明かされる真実

そして主人公が記憶を取り戻した時、最深部にていよいよラスボス戦に突入です



さて、これにてsilent hill homecomingをついに全クリしました

ストーリーや演出、ゲームシステムなどどれをとっても素敵な作品でした

1つだけ惜しかった点があるのですが、ネタバレ回避のためにもここでは書きません

サイレントヒルファンとして、非常に楽しめた作品です
スポンサーサイト

silent hill homecomingプレイ日記その3

おろきんです


前回のプレイ日記はhell descentのセーブポイントまで
どうやらこのセーブポイントはボスの手前のセーブポイントだったようで、その後ボス戦でした


最下層には例の医者が・・・
どうやら裏世界へと導いてくれたあの人形の持ち主、スカーレットはこの医者の娘のようですね



そしてボス戦第2回

ボス「スカーレット」


( ^ω^)・・・



ちなみにこの時、回復アイテム0&残存体力半分

要するにこのスカーレットというボスを体力半分も食らわずに倒さなければならないということ


しかも第1形態、第2形態があるため、正直これはもう無理ゲーだと思いました

ええ、相当数のgame over画面になりましたよ・・・


最終的に近距離武器、遠距離武器をフルに活用して第1形態で体力半分ぐらい食らった状態で倒し、もう後1発食らったらgame overの状態で第2形態をノーダメで倒して何とか突破


裏世界より脱出です



そして、town hallへと舞台は移ります
どうやらこの町の創設に関する資料が保管されているようです
町の名前shepherd's glenのshepherdのように、どうやら主人公の父親の祖先が町を創設した模様
なるほど、ということはその祖先は元々はどこに・・・?
この辺りから何気にsilent hillとのつながりが見えてきそうです


地下道のようなところの広場にて、新しいナイフをゲット
今まで開かなかった各地の扉などにナイフを差し込むと、開くといった仕掛けになっているようです
その地下道を通って地上に出ると、そこは再び墓地
墓地を経由して主人公の自宅へと帰還

ナイフを使って主人公の父親の秘密の部屋に入ると、そこに鍵があったのでそれを使って屋根裏部屋に登ります
そこには父親からの手紙が・・・


この町の人々を連れて行ってるのはsilent hillの謎の教団の人々のようで、主人公の弟も同様にその教団に連れて行かれたため父親は単身、その教団の元へ戦いを挑みに行ったようです
祖先は元々はsilent hillからの派生なのでしょうか
そして教団とも元々は関連があったのかもしれません

中にはsilent hillの地図が・・・
これはいよいよ本格的にsilent hillに乗り込む流れでしょうか
敵は教団という組織、展開としてもワクワクしてきますね

主人公は母親にもその事を問いただすと、相変わらず母親は答えようとしません
すると、背後からいきなりガスマスクをつけた複数の人間が襲来
どうやら例の教団のメンバーのようで、母親は連れて行かれてしまいます
しかしこの主人公の自宅はやってくれた( ^ω^)・・・

教団のメンバー達が玄関から出ようとすると、玄関の扉は逃がさないよ・・・の如くいきなり謎の装置が現れて鎖で扉を封鎖
サイレンが鳴り響き、一気に自宅は裏世界へと変貌したため教団のメンバーは急ぎ別ルートから姿を消します

この町が何故こんなことになってるのか、それ自体は教団が原因なのか別に原因があるのかはわかりませんが、現象自体はもはや誰しもが平等に巻き込まれるようです

ちなみに主人公は連れていかれなかったのですが、果たして何か理由があるのでしょうか
そもそも、shepherd一家の主人公への態度にも何か理由があるのかもしれません
いずれにせよ、主人公までもが裏世界の自宅へ閉じ込められたために脱出しなくてはなりません

というか主人公の自宅がもうすごいことになってる・・・なんだこの家

そして、玄関を封鎖していた4つのロックを解除し無事に外へ脱出
外に出ると、幼馴染と再会し、警察署でクリーチャーに連れ去られた警官からも連絡が入ります
3人はボートでsilent hillへ向かうことに


いよいよ舞台はsilent hillへ移り、終盤に来ているのでしょうか
3人がsilent hillに近づくと、突如水中から武装した教団の諜報員のような人々が現れて2人は連れ去られてしまいます
どうやらsilent hillの刑務所に連れて行かれたようです
silent hillの刑務所と言いますと、4のあのステージを連想しますね
町にあったセーブポイントでセーブし、今回はここまでです

いよいよ教団に立ち向かうべく、父親に続いてsilent hillに入った主人公
町の人々が消えた経緯や主人公が戦う相手などはわかりましたが、未だに謎の部分も多いです

silent hillを中心に動いていくため、果たしてこれからどのようなステージがあるのか
もう終盤ですが、まさにこれからですね

silent hill homecomingプレイ日記その2

おろきんです

墓地から再びスタートのプレイ日記その2です



墓地には犬が結構いましたが、犬はナイフの弱攻撃×2→強攻撃のコンボ2、3連辺りで簡単に倒せる模様

墓地を脱出し、そのまま町の修理屋の所へ行く途中に主人公の幼馴染と再会


そして修理屋の近くに町から脱出できそうな道があったのでそこを歩いていくと・・・
途中完全に霧に包まれていつの間にか主人公の進行方向も町の方向へと戻ってる

あっれーヽ(^o^)/




さらには道路が半壊してるところもあり、その時のthe half of this town is goneにはふきました


修理屋にて壊れていた自らの銃を差し出し、代わりとなる銃をついにゲット

初の遠距離武器ヽ(´∀`)ノ

その人の話によるとやはり町はおかしいようで、時計もある時間で一斉に止まっているとのこと
弟の行方はやはり市長さんが知ってるかもしれないとのこと

そして外へ出ると、異変
主人公が咳き込み出したのでてっきり持病フラグかと思ったら、単に後ろから接近してくる新敵が原因でした

犬よりは全然強く、何やら撒き散らしてくるので間合いを気をつけねばなりません

市長さんに会いに墓に戻ると、市長さんはおらず謎の時計を発見
そして突如主人公は意識を失います


目覚めるとそこは・・・



silent hill



えええええええええええええええええ




いきなり過ぎてびびた
やはり故郷とsilent hillには関連が・・・?

歩いていくと何故か弟がいたので追いかけると廃ホテルへと入っていきます

ああ・・・新たなるステージの予感



ホテル内のエレベーターを動かし、上っていくとガシャン、ガシャンという音

おててがスピアーのようなそれでいてなかなかに大きい敵が5連続ぐらいで襲ってきます
その場は銃で打ち抜いて事なきを得ました


そしてホテルの一室にて女性の歌声が聞こえるので話しかけると、何やら私の思い出の品を持って来てね^^と言われたので収集することに

その品々を探している途中、物凄い地響きが聞こえ何やらとてつもない存在が歩いてきてるのを感じ咄嗟に物陰に身を潜める主人公

その地響きの主は、まさかの奴でした


サイレントヒルシリーズ上、あまりにも有名すぎる三角頭


隠れているのに何故か目(というか三角の頭)が主人公のと合い、ひいいいいいいいいいいいいいいいいいというところでしたがこの場は去っていきました

後々戦うことになるんでしょうか・・・


そして続々と品々を集めていくと、先ほどエレベーターでかち合った敵が再登場

当初は相当に厄介に感じていた敵で、正面からの攻撃は両手で防がれてしまいます
この先も出てくるのですが、どうやら相手の攻撃のタイミングを図りながら間合いに気をつけてナイフの横回避からの繰り出し攻撃→弱攻撃×2→強攻撃の1連コンボが有効のようです


さらには何故かホテルなのにナースまで出てくる始末・・・
ああこれ、今のとこ出てきた中では接近戦で一番強いのがナースな気がする


なんかもうすごい速度でナイフ振り回してくるので回避行動が難しいです
一度向こうのナイフメッタ斬りコンボ食らうと連続で体力を削られます



そして品々を全て収集し、女性に手渡す主人公
てっきり女性がボスかと思いきや、お礼に鍵をもらって今まで鍵で封印されていた扉を開けると弟がいました

しかし地面が崩れて落下する主人公をただ眺める弟
・・・助けて欲しいよおおおおっと言いながら落下していく主人公
とはいえ主人公の大柄な体をあの弟が引き上げられるのだろうか・・・?




そして落下先では回復薬とセーブポイント
道の先には巨大なホール

ああ、ボスフラグですね わかります


確か今作品では初のボスかな?


そしてホールの扉を開けようとすると鍵がかかってる・・・
あれ?

これどうすればいいんだ・・・?と疑問に思ってると・・・


突如サイレンの音が鳴り響き忽ち周りは裏世界へと突入
ぬーなんとも絶妙なタイミングで来てくれるよ


そして案の定鍵がかかってた扉も、某作品の心の鍵ばりにunlockされてました


中には市長の姿

彼の話によると何かが町の人たちを持っていってしまい、私には救えなかった
そして主人公にも止めることはできないだろう、と


そして頭上よりついにボス登場




初ボス戦

さあ戦闘・・・開始!



30秒ほどでgame overヽ(^o^)/



再び戦闘・・・開始!





マタシンダヽ(^o^)/






バイオハザード4のボス戦を思い返してみよう
あれは、攻撃繰り出される前に回避ボタンが出てそれを押せば良かった

だが、これは完全に自らでタイミングを計らなければならない
しかも1発1発がでかい


回避に神経を集中させ、周りの肉塊を破壊

本体が振ってきたので、突撃!


game overヽ(^o^)/




再び攻撃を回避しつつ肉塊を破壊

そして本体の手の攻撃を間合いとタイミングを計って慎重にかわし、ナイフにて反撃しつつ再び間合いを取ります


何度か攻撃しているとトドメのコマンドが出て、ついに主人公の必殺のトドメが繰り出されました


何とか倒したが・・・これは回避のタイミングが思ったよりもシビアだった




そして主人公は気を失い、目覚めると何故か警察署の檻の中
どうやら故郷に戻ってきたようで、故郷の警察署のようです
そして説明書の人物紹介のところにも書いてあった、警官のおっさんが登場

いろいろと話を聞かれ、化物を見たことを話すと共同戦線を張るということで解放
その人の後に続くと、警察署内に複数のクリーチャーが進入

これまた初めて見るタイプ
なかなかに手ごわそうです
この敵も間合いや回避に気をつけないと相当ダメージを食らいます

その警官は懸命にショットガンで応戦し、その間に没収されていた自らの武器を取りに行く主人公
バイオで言うところの相棒も戦ってくれている感じでしたが、主人公は何も武器を持っていなかったのでとりあえず引き返してみると部屋の中で武器を発見

すると、その部屋の通信機器より外部から通信が入り、幼馴染の助けを求める声が・・・
しかし突如現れたさらなる新手、さらに巨大なクリーチャーに警官は連れ去られてしまいます



警察署内を探索することになった主人公

謎のクリーチャーに襲撃される警察署
モンスターパニック系映画でありそうなシチュエーションではありますが、この作品がああいうのと大きく異なるところは雰囲気が不気味の一言に尽きるんですよね

警察署、というそこまで不気味じゃなさそうな場所でさえこの作品では探索していると一種の(不気味という種類の)恐怖を感じる辺りはさすがと思います
まあこの先のステージに比べたら不気味度は劣るわけですがね(最初の悪夢のステージは恐ろしかったが)

警察署でショットガンという心強い武器を手に入れ、外に出ると先ほど警官を連れ去ったと思しき巨大クリーチャーに襲われている幼馴染を発見

主人公に襲い掛かってきたので、とりあえずショットガン乱射で葬ってから主人公と幼馴染は下水道へと避難



ステージ下水道も特に問題なくクリアし、下水道脱出の辺りで幼馴染と引き裂かれてしまいます

弟の捜索に加え、幼馴染の安否を確認すべく地上に出て探索を再開する主人公の元にこれまた説明書の人物紹介にあった医者が何かを知っているという情報が入ったので病院へと急行


病院・・・
まさか・・・


その医者を発見するも、何故か血塗れで主人公から逃げて行ったので後を追って主人公も病院に入ります

中でスカーレットという子(患者かな?)の部屋を発見
人形類がたくさん置いてあります
封鎖されてる箱があったので、どうしたものかと思い再び廊下にでると・・・






なんだこれ(^o^)


廊下、通路
幅は狭く、動けるスペースもほとんどない

その中に

5体以上のナースが密集してる(^o^)



これまともにぶつかっていくと死亡フラグ確定なので、攻略サイトにより電気を消して隠密に暗殺者の如く1匹1匹斧の強攻撃×2→斧のトドメ攻撃のコンボで葬り去るように、とのこと



そして、電気を消して近づくと・・・

なんとすごく近くまで行っても気づかれない

そして手前にいたナースから斧を振り上げ、攻撃!

奥にいた大量のナースがこっちを向いて一斉にプルプルし出し、まさにひいいいいいいいいいいいいという状況
しかしこれも攻略サイトによると、プルプルし出しても電気を消してれば気づかれることはないとのこと

そして何とかそのまま息を潜めていると、ナースがこちらに攻撃・・・はしてこない

これはいけると思い、再び手前のナースに斧で攻撃!



奥のナース達「ピクッ、ピクッ」

大丈夫、電気を消してれば気づかれないのよ


ザクッ


・・・?

シュンッ、ザクッ、ザクッ、シュンッ


game over


( ^ω^)・・・



大量のナースからメッタ斬りに合い、主人公は息絶えました




再び、箱を調べて部屋を出る所から

今度は斧じゃなくても拳銃でいけるんじゃね?という謎の幻想を抱き、銃で暗闇からナースの頭を狙い撃ち

バーン!



次の瞬間一斉にナースがこちらに向かって来、斬りつけて来ました


ひいいいいいいいいいいいいいいいいいということで逃げ惑い、物陰に身を潜める主人公

しかしこの時角度が悪かったのか、いくら視点をグルグル周りに切り替えても何も見えやしません
まさに闇です(ましてやライト消した状態)

だがわかるんですよ
こっちを視認できなくなって攻撃を止めても尚、目の前にいる大量のナースが・・・
だって、拳銃を前に向けると照準が赤くなるんですもの(照準が敵と重なると白から赤になります)

辺りはどこ視点切り替えても真っ暗闇なのでどこ動けばいいかわからない
目の前には大量のナース

ただただ、沈黙が辺りを支配する


・・・



なんだろう、ここまで冷や汗流したゲームって始めてかもしれない



もうこうなったら突撃しかないよね

というわけで正面から打ってでることにしました


バーン

バーン


シュンッ、シュンッ、ザクッ、ザクッ



game over



無理ぽヽ(^o^)/





まどろっこしいことはしない


作戦を変更しました



その箱が置いてあった部屋にあえて誘い込む作戦

最初、3匹ほどのナースが一気に入ってきます

そこめがけてショットガンをドーン!ドーン!

手始めに3匹ほどを葬り、続いて入ってきた2匹ほどのナースを拳銃で慎重に狙い撃ち葬り去りました


そして、箱の鍵を手に入れて箱を開けると・・・



人・・・形?

次の瞬間、人形の髪の毛がなくなり、朽ちていく人形
そして周りの景色も・・・

ああそうだ

すっかり忘れていた

ボス以来裏世界突入してなかった

サイレントヒルの不気味さの本領発揮は、まさに裏世界

今までのただの廃病院が、壁や床、辺りの置物が血塗れのような色になっています


病院の裏世界(?)のステージ名はhell descent(descendつながりで降下、階段といった意味かな?)というようです

地獄への降下、階段・・・


まさにそう形容してもおかしくないぐらい異様なまでの不気味な階段やら金網やらをどんどん下へ降りて行くことになります

先ほども書きましたが、サイレントヒルの魅力の1つが不気味という種類の恐怖
よくホラーものであるように、バンッ!といきなり驚かされて怖いという恐怖とはまた別ですね
こう体の芯にじわりじわりと来る、寒気が来る恐怖です


ここは特に強い敵が出てきたわけではありませんが、とにかくステージ自体がそれはもうなかなかに不気味なところでありました


そして次々と下へ降りていき・・・セーブポイントがあったところで一旦終了です


この階段を降りていった果てに主人公は何を見るのか

silent hill homecomingプレイ日記その1

おろきんです

久々の更新でございます



さて、突然ですが私はサイレントヒルシリーズのファンです
きっかけはサイレントヒル3

あの世界観には非常に魅入られました
背景の細かい描写や恐怖を沸きたてる素晴らしい演出
単純に怖いだけではなく、突き詰めていけば突き詰めるほど味が出る作品なのではないかと思っています


4まではPS2ソフトだったわけですが、ある時こんな情報を耳にしました
なんとPS3とXBOX360にて実質上5に当たるSILENT HILL HOMECOMINGが出るというではありませんか

これはどう考えても買いだと思いました
先に欧米諸国で発売され、後は日本での発売を待つのみとなり・・・

結果として何故か日本では発売中止><

というわけで、この度アマゾンにて北米からSILENT HILL HOMECOMINGを取り寄せてプレイすることとなりました
本日初起動というわけでプレイ日記その1です

ちなみに、先のストーリー展開がわかってしまうようなネタバレサイトやプレイ動画などは一切見ない方針のため完全に初見の感想となります(事前情報はほとんどが取り寄せてから説明書のみ)


説明書はあらかじめ読みました
感じたのは今作品は今までのサイレントヒルシリーズに比べて戦闘要素が強化されていること(回避や溜め攻撃など)、そして登場人物も比較的多いという2点です


説明書によると今作は主人公を含む4人家族、その中でも主人公と年の離れた弟を中心に展開するようです

主人公は兵役に出ており、久々に故郷に戻ってきた模様
しかしその故郷はすっかり変わり果てていた・・・というわけです





ではこれよりプレイ感想

さて、始まりはいきなり病院にて寝台に拘束された主人公が運ばれていくところから

あれ・・・てっきり主人公が故郷に帰るところじゃないの?と

よく考えたらあの法則を忘れていました

そう、サイレントヒル3でも4でもあったあの法則

最初は主人公の悪夢から始まるのがまさにセオリー


運ばれていく主人公の周りの病室ではもうなんだか描写できないことが起こっててもうアレな効果音が素晴らしいのです(ノд`)
この病院(と呼べるのだろうか?)は異常すぎて、まさに悪夢の世界という感じ

どこかの室内に運ばれていき、運んでいた手術衣を来た何者かは部屋の外へ
しかし何やら部屋の外で異変


その次の瞬間、何か右上にコマンドが登場です

ものすごくタンマと言いたくなるタイミングで主人公の操作開始

最初に説明書で見た通り操作をいろいろ確認しましたが、主人公も跳ねる跳ねる
回避行動は結構重要になってきそうですね

ライトはやはり今作でも命綱
ライトつけてないと何も見えない・・・
あえて消して敵に気づかれないようにするという側面もあるのでしょうけれどね

そして進むと、鉄格子の向こうに何故か主人公の弟を発見
しかし鉄格子は開かず、そこには暗証番号があるのでこの番号を見つけてくる模様です

そして暗証番号が書かれたレントゲン写真を持ってくるのですが・・・なにやらその部屋から赤ん坊の声がするのです

そして写真を入手してから戻る時に、いきなり頭上から見るも無残な患者?の死体のような物体が振ってきた時はもうひいいいいいいいいいいでした


そして鉄格子を開けるも、弟さんはどこかへ行ってしまわれます

そして先にはトイレ
扉は閉まっているけれど、もうどんどん開けたくなるのが私の性(中から変な音や虫が湧き出ててもね^^)

開けるとまたものごっつい死体が出てくるわけですが、なんというかこの病院の死体はグチャグチャのすごいことになってて死体とさえ呼んでいいのか・・・


そして開かない個室があり、誰か入ってるのか?というところで裏世界へ突入きたあああああ

突入の仕方格好良いですね
映画版もあんな感じだった気がします

その個室から初の敵がご登場


はてさて、戦闘開始・・・が何気に結構難しい><
敵の攻撃のタイミングを読んで回避行動を取らないとどんどんダメージ食らってしまいます

こんなのが複数出てきたら危険だと思いつつ先へ

するとしばらく進んだところで同じのが2匹、3匹出てくる部屋に入ってしまったオワタ(^o^)


まともに戦わず、すぐ通り過ぎましたが鍵入手して再びその部屋に行くことに・・・
3匹一気に襲ってくる中で鍵を開けて必死で扉を開けました(ライト消してたら気づかれなかったのかな?)


再び弟さんとめぐり合う主人公

この時会話で選択肢が出ましたが、これもまたサイレントヒルシリーズにおいて新たな試みですね
果たして選択肢がルート等展開を左右するのかは全く不明ですが、とりあえずその2人の関係と状況を考慮して選択肢を選びました

すると何やらうさぎを探してと言われたので探しに行く主人公
この辺りは説明書にも書いてありましたが、主人公は年の離れた弟を今まで気に掛けて来たようです



サイレントヒルのうさぎと行ったらもはやマスコットとなったあの3のうさぎしかないですね
そして今度は裏世界のレントゲン写真を入手した部屋(でいいのかな?)に行くことに

ここって先ほど赤ん坊の声がしたところじゃ・・・
裏世界ではどうなっているかというと、もうこの時の演出はなかなかに怖かったのです

確かにそこにうさぎの人形はあったんですが、なんかそれを入手するのにグチャグチャのズボッ!っていってひいいいいいってなったのがもう恐ろしかった;^^(もう実際に見てほしいとしか言いようがない)



無事うさぎさんを届けるも、走り去る弟
って走り去るんかい!
あの恐ろしい思いをして手に入れたうさぎ人形orz


追っていった先でエレベーターに乗り、途中で主人公の身に何かが・・・というところで目を覚ます主人公


ついにnightmare脱出ヽ(∀`)ノ

主人公は故郷に帰るトラックの途中で眠っていた模様です

さて、主人公の故郷shepherd's glenに到着

故郷の名前がshepherd's glen・・・?
silent hillの町との関連は・・・?
もしくはこの町が今作品のsilent hillということなのでしょうか

この主人公の故郷
かのsilent hillの如く霧で覆われものすごい閑散としています
こりゃ変わり果てすぎだわ・・・といっても以前の故郷がどんなもんだったのかはまだ描写がないので何とも言えないけれども


しばらく歩いていくと、女性に呼び止められる主人公
どうやらこの女性、主人公の幼馴染の母親のようです
一体故郷はどうなってしまったんだといったことを話してます
娘はきっと主人公のことが好き、といった話も登場
この作品では今までのシリーズ以上に人間模様が様々あるようで楽しみですね


その女性の話では、どうやら主人公の母親が喋らなくなってしまったとか何とかで主人公の家にも異変が起きているようです

というわけで主人公の家へ到着

主人公の自宅ですら雰囲気がおどろおどろしい・・・
説明書の紹介にも書いてあったのですが、主人公はあまり愛情を受けて育ってこなかったようで・・・
家を探索していると各所各所にそのような痕跡が見当たり切なくなります

主人公だけ写っていない家族写真の数々
主人公の母親から父親へ宛てた貴方がいなくて寂しいという手紙(兵役中の主人公の元へは母親からの手紙は来なかったらしいです)


そして、自宅の部屋でついに命綱?のライトを発見(悪夢ではライト持ってましたが現実ではまだでした)

そして主人公の母親も発見・・・
説明書にはcatatonic(強硬状態)になっていると書いてありましたが、やはりそのような感じで多くを語ろうとはしません
しかし母親の数少ない言葉からわかったのは弟が行方不明になっており、父親はその弟を探しにいったとのこと
それにしても、ここでも久々に会った主人公に素っ気無い態度
いきなりWhat are you doing here?って・・・;;



行方不明の弟を探す決意を固める主人公
ひとまず自宅の地下室を見ることになりました

すると、何故か水浸しの地下室

そして水の中からおかしな生き物がご登場しました

自宅にまで変なのがいるのね・・・
その生き物を処理し、家の外のガレージを開くアイテムを手に入れて外のガレージへ

そして開かれるガレージ

・・・


ガレージの中から変な生き物が登場しました

主人公の自宅怖い・・・


その後は排水のための機械を作動させるためにいろいろやり、無事に排水を終えて家の裏口へ


犬小屋があったので調べてみると、犬はどこいった?という主人公

これは恒例の犬登場フラグですね、わかります

裏口から町の墓地へ


すると、墓を掘り続ける謎の男がいました
さあ来ました
説明書読んでて気になっていた登場人物の一人です
mayorとのことなので市長さんなのでしょうかね
何故に墓を掘り続けているのか・・・




その男の人には鉄格子越しで会えなかったので先へ進むと、ついに恒例の敵がやって来ました
サイレントヒルシリーズ上、ほとんどの場合登場する犬クリーチャー

あのすばしっこさからなかなかに厄介ということで身構えていたのですが、ほんの少し食らいつかれただけで速攻で倒せました
まだ1匹目なので偶然かもしれません

そして少し進んだところのセーブポイントでセーブ
本日はこの辺りで一旦終了です



いやはや、このクオリティの高さと気になるストーリー
そして様々な新要素
まだ序盤ですが敵も益々強くなってくるのでしょう
現在はナイフで戦っています
どのように展開していくのか非常に楽しみですね

テーマ : コスプレイヤーの日記 - ジャンル : 日記

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。