プロフィール

おろきん

Author:おろきん
おろきんです。

大学生
年齢:おろきん
性別:おろきん
所在地:G







現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

リンク

リンク2(バナー集)

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔王と舞おう

おろきんです



魔王 juvenile remix

連載終了しちゃいましたが、何やら別雑誌で蝉が主人公のスピンオフ作品が連載されるという情報を目にしました
単行本発売されたら購入決定です



それにしてもアニメ「うみねこのなく頃に」の放送開始日がもう間近なので、非常に楽しみです

ふと気になるのは、アニメの話数配分でしょうか
なんとか大幅な省略化といった事態は避けてほしいところ

現在原作が出ているのが出題編完結のepisode4までです

確かepisode1から4へとボリュームが多くなっていったと思うので、この4つのエピソードを2クールで放送しようと思うと・・・

そもそもalliance of the golden witchまで放送するのかどうか


何にせよ、もう3日後ほどには放送開始なので期待したいところです



<簡易総評>


・初恋限定  A

中高生の女の子、男の子達の恋愛模様を描いた作品

こちらもけいおんと同じく、楽しめた作品でした
けいおんと同様に原作も購入

タイトルの通り、紛れもない恋愛ものです
キャラクター、1話1話のストーリー構成、OPEDといずれもなかなか良かったと思います
スポンサーサイト

跳ねる

おろきんです

itachizame554.jpg




本日の買い物

ひぐらしDVD

ひぐらしコミック×4

うみねこコミック×2

BAMBOO BLADEコミック×2

しゅごキャラ

みなみけ

初恋限定×2




久々の大きな買い物でした





今期アニメ総評その1

おろきんです


続々と最終回になっているので、個人的簡易総評です

S(非常に面白い) A(面白い) B(まぁまぁ) C(普通) D(イマイチ) E(切り)

とはいえ、せめてC+以上でないと1クール以上は視聴しないかもしれません
総評はストーリー、キャラクター、演出、OPやEDなどの歌などで決めています


・鋼殻のレギオス  B+

汚染されていて、汚染獣という危険な生き物が蔓延った世界。そんな中で人々は守られた移動都市の中で生活していた、といった感じの物語

原作は未読です

2クールだったこの作品ですが、当初思っていたよりずっと楽しめました

キャラクターや世界設定もなかなか魅力的で、原作はなかなか面白そうだと思います


ただ、最後のほうは急ぎ足というか・・・ちょっとまとまりがないまま最終話が終わったかなという感じを受けました


よく起こり得る、アニメ化した際の弊害の1つである省略化という感じでしょうか
原作未読の私でもそれを感じたので、原作を知っている方からすると批判も多いかもしれません

アニメという尺の中でうまくまとめきるのは、原作が既に多く出ている作品ほど難しいものでしょう
とりあえずその点も考慮すると、まぁまぁ(B)楽しめた作品と言えます(原作も未読ですし)
+はOP、ED等の歌等気に入っていたので+でしょうか

とはいえ、まとめ方によってはもっと面白くなり得た作品とも言えるのでその辺りは少々惜しいかもしれません


2期前提としてあるならば、きっと2期も視聴すると思います



・戦国basara B+

伊達軍、武田軍といった天下を取るための武将達の戦い。そして魔王と呼ばれる織田信長の脅威に立ち向かうべく彼らは力を合わせる、といった感じの物語

いろいろとハチャメチャというか、ツッコミどころが多かった戦国武将達の戦いの物語

特にあの戦国最強の武将(?)が現れた時は凄かったですが、その辺りをあえて許容して見ることができれば十分に楽しめる作品です
というかむしろそこを楽しむ作品なのかもしれません

こちらもラスト辺りは、もっと盛り上げられたかもしれないという感じがしました

2期決定とのことなのでそちらも視聴すると思います


・けいおん! A

4人の女の子達が軽音部を作り、活動していくという物語


非常に話題性の強かったこのけいおん
原作は未読

総合的に見て十分に楽しめた作品だと思います
ED等の歌も良かったです


ただ、話題性ほど高評価にしていないのは、私自身の好み等が多少反映されています

あくまでも4コマが原作ということで、ほのぼのとした(一部シリアスな場面もありますが)感じの作品となっております
そういった作品も好きなのですが、やはり私としてはどちらかというとストーリー作品の方が好みです


もちろんこの作品もストーリーがしっかりしていないわけでは決してないのですが・・・あくまでもほのぼの系はほのぼの系ということで;^^


この辺りは完全に好みの違いだと思います
ストーリー物よりもこういった作品のほうが好きと言う人もいるでしょう

しかし、正直4コマ原作のアニメでここまで楽しんで見れるとは思っていませんでした(私としてはけいおん、ひだまりといった4コマ系はアニメよりも漫画の方がずっと楽しめると思います)
けいおんという原作の力、そして京都アニメーションさんの力でしょうか

なので、この辺りのジャンルのアニメ作品としては非常に良い作品の1つと言えると思います

gausu・water

おろきんです


というわけで今度は当初見たかった「ダークウォーター」を見ました


主人公は一人の娘を抱え、夫とは離婚調停中
そして、主人公と娘の2人はボロアパートへと引っ越します

しかしそのアパートの部屋の天井には黒いシミがあり、どれだけ修理しても何故かそこから水が・・・
といった感じのストーリー


日本のホラー映画「仄暗い水の底から」の海外リメイク版とのことなので、結構なホラー作品かと思いきやそこまでホラーという印象は受けませんでした

テーマとしては母親と娘の愛といったところでしょうか


仄暗い水の底からは見たことないのでどの辺りが改編されているか等はなんとも言えませんが、仄暗い水の底からを見た人の話を聞いた印象としては多分日本版のほうがホラーという感じなのではないでしょうか?

まぁ私としても、ただ怖がらせるだけの作品よりはストーリーやテーマ性がしっかりしている作品のほうが好きかもしれません


とりあえずこのダークウォーター単体として見れば、なかなか楽しめた作品と言えそうです


(簡易感想)

・戦国basara最終話

各武将が力を合わせ、無事信長を討伐

と、なんとも戦国basaraの終わり方でしたがなんと2期決定ですか

それにしても、信長の妹さんの扱いが少々謎な部分がありましたが2期への伏線・・・ではないですよね

最後は信玄も元気そうで良かったです

後は簡易総評にでも書こうかと思います

魔王

おろきんです



週刊少年サンデー連載作品
「魔王 juvenile remix」が次号で最終回のようです




( ^ω^)・・・・








うわああああああああああああああああああああああああああああ











来週からサンデー買うのどうしようってぐらいの衝撃







まぁわかりますよ


元となる原作の小説があるわけですから、変に展開を引き延ばすべき作品じゃないですし
順当に連作終了というのは仕方ないことなのでしょう

どんなに面白い作品でも、いつかは最終回が来ます



でもやっぱりアニメ化はしてほしかったです;;






うーむ

本当に次々週からサンデーどうしようかな・・・

一応結界師やお茶にごす等々気に入ってる作品はいくつかあるわけですが、魔王が連載終了してしまったら・・・




とりあえずは来週買って考えましょう

ガウスマーメイド

おろきんです



もうすぐ今期アニメも最終回のようです(最終的に残ったのはシャングリラ、phantom、初恋限定、戦国basara、けいおん、鋼殻のレギオス(前期から)の6つぐらいでしょうか)

というわけで来期の視聴予定作品を並べてみました
今回は久々に視聴確定&期待作品が2つもあります


(視聴確定&期待作品)

・うみねこのなく頃に

・狼と香辛料2期

(とりあえず1話で判断)

・化物語

・かなめも

・CANAAN

・よくわかる現代魔法

・大正野球部

・宙のまにまに



下の6つは噂、絵と簡易あらすじなどでざっと決めただけなので、視聴続行するかどうかは1話、もしくは2,3話次第かな



上2つは特に楽しみな作品です

the

おろきんです




本日も映画観賞

というわけで見たかった映画第2弾

「ダーク・ウォーター」



というわけで見終わりました



さて、他の方が書いてらっしゃる映画感想でも見に行こうかと検索

そして感想記事を読みます



するとあれれ?

何やらその方の書いてる簡易あらすじがなんか違うわけですよ


一体どういうことだろうと


レンタルDVDをよく見てみました


するとそこに書かれていたのは


「ザ・ダークウォーター」




( ^ω^)・・・・?






ザ・




何という別の映画\(^o^)/




見終わってから気づきました








ちなみに今回私が見た「ザ・ダークウォーター」



3人家族で、母親の方の父の遺産ということで3人は良さげな屋敷に引っ越すわけです
その屋敷で起こる怪現象の数々

といった感じの話ですが、ホラーというよりは超能力推理ものといった感じでした


確かに、なんとなくの違和感はあったわけですよ

ダーク・ウォーターはあの日本映画「仄暗い水の底から」の海外版だと聞いていたので・・・


私、仄暗い水の底からは見たことありませんがどんな感じの映画かは知っています

なのでどうもその映画の海外版としてはおかしいな・・・と





というわけで今度はちゃんと見たかった「ダーク・ウォーター」を見たいと思います

霧の中で待っていたガウス

おろきんです




今日は映画の「ミスト」を見ました
DVDです
これは前から見たかった作品なので見れて良かったと思います


簡単なあらすじとしては、田舎に住む主人公家族
主人公とその子供は近所のスーパーに出かけて買い物をしていると、その店に血を流した人が駆け込んできます
その人が言うには、外に出てはいけない 霧の中に何かがいる、と
そして外は突如徐々に霧で覆われ始め、辺り一帯霧に包まれてしまいます

というわけで、店の中にいた主人公親子含む客達は何が起きているのかわからず店から外に出られなくなるわけですが・・・

外に出ようとする人は皆、霧の中にいる「何か」に攫われていきます

精神的に追い詰められていく客達


そんな人間の心理模様が実によく描かれていたと思います
というかまさにその部分がこの映画の見所なのではないかと


確かに外の霧の中にいる「何か」という得体の知れないものは大層恐ろしいかもしれません
しかし、実に恐怖というものは人間達自身にもありました


客の中に宗教演説でどんどん他の客達を虜にしていく人がいるんですよね
あの状況下ではそんな演説も、外にいる何かへの恐怖に心を支配されている人々には・・・

そうなった人々の恐ろしいことと言ったら;^^



そんなこんなで狂乱の場となった店を脱出し、少ない燃料の車で霧の中、できる限り走ればこの霧&何かから逃げられると信じてなんとか遠くへ逃げようとする主人公達


そして衝撃のラストへ


もうあのラストには何と言っていいのか・・・

ああああああああああああああああああああああああ
という展開でした

無事に狂乱の霧の中を脱出→happy endだなんてそんな展開にはなりませんよ

そしてその霧の中の何かに全員殺されて;^^といった展開でもありません


とにかくあの各々の生死を分ける状況下、人々にとって正しい選択とは何だったのか
それがひたすらに考えさせられます



これは良い作品だと思います
面白かったです

<簡易感想>

・けいおん11話

来週最終回のようです

今回はけいおんには珍しい少々シリアス話
確かにこの作品はシリアス向けではないかもしれませんが、1話中ずっとそうだったわけでもない(各所に和むところも挿入したりして)ので良いと思います


それにしてもゆいの料金、またもやムギのおかげで\(^o^)/


次回は再び学園祭ライブ

学園祭ではまた新曲でしょうか?
果たしてどんな演奏が見られるのかな

ガウスの部屋のどこかから聞こえてくる謎の声とは

おろきんです



暑い季節になって来ました


でも皆さん全裸になると捕まりますよ








夏に向けてのお次の購入予定ソフトはここらでxbox360からPS2へ

「SIREN」や「零~赤い蝶~」などを考えています

どちらもホラーゲームではなかなか有名な作品

夏にはピッタリなチョイスなのではないでしょうか



<簡易感想>

・初恋限定9話

1話完結系としてはなかなかの完成度の高い話だったと思います

それにしても眼鏡の子が・・・・;^^


・phantom10話

総集編、と思いきやきっちり後半から新展開

そして来週いよいよ新キャラクター登場かな?

それにしても数ヶ月後の主人公が結構カッコ良くなっていました


・戦国basara11話

本能寺で信長を殺害しようと、狂乱の光秀

しかし信長のほうが一枚上手でしたか・・・

来週でいよいよ信長討伐の決選ということはやはり1クールでクライマックスが近いということかな

itachi sky

おろきんです


6月の購入漫画予定リストの量がすごいです


06/04
集英社
ONE PIECE 54
尾田 栄一郎
420

06/04
集英社
バクマン。 3
小畑 健
420

06/04
集英社
BLEACH-ブリーチ- 39
久保 帯人
420

06/17
講談社
エア・ギア 25
大暮 維人
440

06/18
小学館
魔王 JUVENILE LIMIX 9
大須賀 めぐみ
420


06/22
スクウェア・エニックス
うみねこのなく頃にEpisode1:Legend of the golden witch 3
夏海 ケイ
620

06/22
スクウェア・エニックス
うみねこのなく頃にEpisode2:Turn of the golden witch 1
鈴木 次郎
590

06/22
スクウェア・エニックス
ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編 2
鈴羅木 かりん
610


06/22
スクウェア・エニックス
ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 2
桃山 ひなせ
610

06/23
講談社
みなみけ 6
桜場 コハル
560

06/25
スクウェア・エニックス
BAMBOO BLADE 11
五十嵐 あぐり
540




現時点で確認しただけでもこれだけ
しばらく発売しなかった分、今月はなかなかの量です



そういえば、xbox360ソフト chaos head noahを「blue sky」まで大方クリア致しました(前クリアした11eyesと一緒に並んでたので気になって購入)


とりあえず簡単に総評を


まず主人公がなんとも( ^ω^)・・・な人間なのですが、そこを暖かい目で見守りながら(?)物語を進められるかどうかで好みが分かれる気がします(主人公がそういった性質なのも、この作品の「味」ということなのでしょうが)

そんな主人公に好感は持てませんでしたが、ネタとして見ていて面白くはありました
この斬新な感じの主人公はある意味この作品の見どころの一つでもあるので良いと思います

ストーリーのほうは、主人公が渋谷で起こる連続猟奇殺人事件に巻き込まれていくお話
今作品では「妄想」といったものが一つのキーワードになっています

R18指定というだけあってなかなかの残酷描写が見受けられました(ちなみにこの作品は性的な意味でR18にしてあるわけではありません。ゾンビなどの血が飛び散ったり、バラバラになったりするホラー系ゲームでR18にしてあったりにするのと同じ感じですね)

感じる残酷の度合いも人によって分かれそうですが、とりあえず耐性がない人にはきついと思われます

個人的ストーリー総合評価としては、まあまあ+αと言ったところでしょうか
よくアニメ評価に用いるS+~Fの評価記号を用いるとするとB+、またはA-辺りかな

名作とまでは言えませんが、なかなかの良作だったと思います

とはいえ、一つ前にやった11eyesと比べると11eyesの方が楽しめた度は断然上です



EDは全部で9種類
8種類クリアして初めて、最後のEDであるblue skyに行けるという構造です
この点に関しては最初のストーリー以降の2~8個目が(既読スキップはありますが)スキップしても結構時間をとられたので、個人的にもう少し早く違うストーリーに入れるようになっていたら嬉しかったです



OP歌、挿入歌、ED歌などは多彩です

それぞれのEDに違った歌を起用してあるのもポイントが高いかもしれません
個人的にOPの歌が結構気に入りました



とりあえず、全てを加味すれば十分楽しめた作品と言えそうです
やはりxbox360は良いですね


<簡易感想>

・シャングリラ9話

烏に啄まれる囚人達の遺体の中、響き渡る嘆きの声


いろいろと話が動いてきました
モモコさんは連れ去られてしまいましたが、あのイヤリングのこともありますしすぐには殺されないはず・・・

戻ってあの惨状を目の当たりにしてしまった國子
これは今後の國子の行動を決める転換点になりそうかな

それにしてもアトラス最高責任者さんの狂乱がすごいなぁ・・・


・phantom10話

ファントム2人とも銃弾を受けて海へ・・・って普通に死んじゃいそうなもの

しかし生きていた主人公
・・・もう一人は?


それにしても逃げ惑う仮面のおっちゃん(マスター)とそれを狂乱気味に追う主人公のシーンはちょっと笑ってしまった


・戦国basara10話

信玄と謙信は生きていた・・・・が戦線離脱
さすがに重要人物2人を一気に殺してくることはありませんでしたか

しかし信玄が生きていて一安心


そして雪村と政宗の2人で織田討伐という流れです

いよいよという感じですが、織田勢のほうもいよいよもって光秀の裏切りの気配が・・・


| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。