プロフィール

おろきん

Author:おろきん
おろきんです。

大学生
年齢:おろきん
性別:おろきん
所在地:G







現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

リンク

リンク2(バナー集)

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CLANNAD第15話「困った問題」感想

今回は特に誰中心の話に入ったというわけでもなく、普通に新展開に入ったという感じでした

冒頭またもや不思議な世界の話
ロボットが「昔、~~~」と言っていたことから、なんとなくこの先、未来の話の気がするのですがそれも違うかも・・・
うーん、相変わらず謎です;^^

本編は再び渚の演劇部再建の話へ
人数は揃っていても顧問の先生が必要ということで前に出てきたおじいちゃんのところへ行ったものの、合唱部からも顧問を頼まれているとのこと

先生が足りない以上、これはどちらが部の再建を妥協せざるを得ないのでしょうか・・・
確かに難しい問題です


合唱部の一人が脅迫まがいの手紙を出したことで放課後再び話し合いになりましたが、合唱部のほうにもいろいろと事情があるみたいです
それでもこれで譲るのは、朋也と同様夢を途中で諦めざるを得なかった過去を持つという陽平にとってはとても納得できないことのようです・・・
朋也も控え目にはしていますが、渚には夢を諦めて欲しくないみたいですね
果たしてこの問題、どうなってしまうのか・・・


後は渚以外にもいろいろとスポットが当てられていました
とはいえ再び風子登場には驚きです
まぁ一瞬で去って行きましたが( ^ω^)

さらにラストのあたりの陽平とのやり取りは描写もうまく、非常に面白かったです
朋也と渚の二人の関係もなんだか少しずつ良い感じになってきてるかも・・・?

そして、陽平の妹が登場
陽平本人はもちろん知らないわけですが、果たして次週からどのように話が展開してくのでしょうか
次回も期待です
スポンサーサイト

灼眼のシャナ第15話「覚醒」簡易感想

なんというか、とにかくすごすぎ\(^o^)/な回
とんでもないことが次から次へと起こって何が何やらという感じでしたが、それでも非常に面白かったです



まず、悠二の腹から思いっきりでてくる「銀」
こんなん出てきたら本人が一番びびりますね・・・
とりあえずこれで悠二の中にあの銀の徒がいるのはハッキリしました

そしてついに、ヘカテー降臨
近衛史菜は「偽りの器」?
うーむ・・・存在の力か何かで作った分身のようなものなのでしょうか
とはいえ、前にマージョリーが調べた時なども何の不審な点も見られなかったのできっと特殊な方法で作りだしたのでしょうね(もしかしたらヘカテーならではの?)
しかし、最後に現れたあの悠二達との想い出の数々・・・
なんとも言えない気持ちになってしまいました
あの史菜の態度が偽りのものだとはなんだか思えません・・・


どうやらヘカテーの目的の一つは「銀の具現化阻止」にあったようです
銀についてはバルマス家が関わっているのか、それともまったく別物でバスマス家はその力を何かに使おうとしているのか・・・?
まだまだこの辺りは謎ですね

フェコルーという敵が出てきましたが、あの防御の技は凄まじいものがありました
封絶の中とはいえ町がすごいことになってましたが(もちろんヘカテーの攻撃によっても)、人間は大丈夫たったんでしょうか;^^

そして戦いの最中に起きる異変、今度は悠二がヨーハンに(;゚Д゚)
さっそくフィレスと二人だけの世界に入ってしまわれましたが、どうやらヨーハンは悠二を破壊してまで外に出てくる気はない・・・?のかそれとも事情があるのか、フィレスによく言い聞かせた後、無事悠二帰還

とりあえずこの予想外の事態にヘカテー達も退去
フィレスは何かを掴んだようですが、何も語らないまま「頼まれた何か」を果たしに去っていきます

各々が想いを胸に、何かが始まった、という感じですね
驚くことに、フィレスは吉田和美に対して何らかの宝具を残していった模様
まさか・・・普通の人間じゃない存在になったりする代物なのかも・・・?
次週からも目が離せません

とりあえずひと段落

自己採点も終え、これでひと段落

大部分が決まるといっても過言ではないセンター試験・・・かなりの緊張でした
結果としては個人的に十分満足な結果だったので本当に良かったと思います

とりあえずこの後は国公立の試験とすべり止めの私立の試験があります
受けるところもほとんど決まっているわけですが、その前に私が「前期」で受ける国公立大学の推薦というものがあります
これはセンター試験の英語と数学の点数の400点満点の結果で競い、なんと合格発表日は普通に前期の一般試験で受けての合格発表日よりも1か月ぐらい早い2月13,14,15日あたり
当然の如く競争率も激しいわけです
去年までの感じだと400点満点中の75平均あれば可能性があるとのこと
それよりも十分にとれたわけですが、もちろん必ず通るという保証はありません
本当にこれで通りたいという思いが強いのは確かです、とはいえ最初から前期までいくぐらいの気持ちでいる必要があるのは当然のことだと思います
というわけで今後は私立の一般試験及び、国公立前期試験に向けた勉強もやっていかなければなりません
まだまだかなり大変ですが、センター試験という大きな関門を過ぎたということで前よりは少し心にも安定が生まれそうな感じです

真の解放は合格通知を受け取った時・・・頑張りどころはこれからです


昨日は帰ってから2日間緊張が続いていたということもあって、かなり疲れてましたが先週ずっと我慢してた分のアニメを6作品ぐらい一気に見ました( ^ω^)
シャナ、クラナド、バンブーブレード、破天荒、シゴフミ、狼と香辛料
通常その日ごとに見るので、こんなに一気に見たのは久しぶり・・・

ざっとした感想としては

シャナ・・・微妙にほのぼのした展開と思いきや、ラストでいきなりの急展開
フィレス急変、そして悠二の腹から突如でてきた銀の腕
そして光る史菜と執事のペンダント・・・
昨日見た作品の中で何気に一番印象が強かったかも
次回が非常に楽しみです

クラナド・・・ことみ編完 
くまさんがスーツケースから出てきたあたりで、なんとなくそんな気はしましたがIf you find・・・の文面を見たところで、中に入っていたであろう論文を捨てて娘のためのプレゼントを入れて流したのだということが確信に・・・
娘を想う父母の愛情、本当に良い話だったと思います
次回は新しい話に入るようですが、今度は一体・・・?
予告を見る限り渚のようでしたが・・・


バンブーブレード・・・合宿の話
どうやら原作の話とは違うオリジナルの話のようです
町戸のメンバーも再登場し、各キャラの個性が光る話だったと思います
こちらもラストでまた話が急変しましたが、これもアニメオリジナルなのかな・・・?


破天荒遊戯・・・容赦ない話でした;^^
子供の手を放してしまったことで、その子は二度と帰って来ることはなかった
そして子を想う母の狂気
今回は非常に重いテーマを持っていた話でした
こちらも毎週興味深く見れる作品だと思います

シゴフミ・・・今回はまた別の人物を視点にした話
「飛べたから生きていない」
なんだろう・・・言葉は簡単に聞こえますが何やら深い
今回も1,2話完結系だけかと思っていたら、意外にも話に進展が・・・
てっきり脇役キャラだと思っていた眼鏡の子、今後いきなり重要人物になっていきそう
それにしてもフミカは一体どういった存在なのかな・・・?
今後そういったこともどんどん明かされていくのかもしれません

狼と香辛料・・・始まったばかりの2人の旅
銀貨の話が出たことで、話の方向性も少しずつ見えてきました
さらに今回の話の中心でもある、2人の価値観の違い
一緒に旅をしている以上、今後もそういったことが出てくるのかもしれませんがどうやらロレンスには狼に襲われ、仲間が食べられてしまった過去があるようで・・・
なかなか一つ一つの言葉が深いです
それにしてもこういった雰囲気を提供してくれる作品は非常に貴重だと思います



今のところどの作品もいい感じ
今後も毎週の放送を楽しみに待ちたいと思います

センター試験

センター試験の2日間も無事過ぎました

後は自己採点・・・
できるだけのことはやりました、後は祈るだけです

灼眼のシャナ第13話「収束、そして兆し」&CLANNAD第13話「思い出の庭を」簡易感想

<シャナ>

久しぶりのバトル回、非常に面白かったですヽ(´∀`)ノ

封絶の中、学校の生徒が爆発に次々に巻き込まれていく・・・封絶の中とはいえ、最初普通に死人が出たと思ったぐらいの凄まじさでしたが、どうやら最終的に大丈夫だったようです

暴走するマージョリーに巻き込まれる緒方を見た田中、あの光景を見たら確かに泣き叫ぶ気持ちもわかります;@@
その涙の訴えでマージョリーもやっと暴走を停止
佐藤はいろいろと鋭かったですね マージョリーに諭すところもいい感じでした


襲ってきたフィレスですが、どうやらヨーハンとの誓いで人間の存在の力を奪っておらず体が弱っているようです
ということはやっぱり今までは零時迷子を持つヨーハンの存在の力で生きてきたということなのかな・・・?
その当のヨーハンはどうやら零時迷子の中にいる模様・・・って零時迷子とったら悠二が生きられませんし・・・どうするのでしょう?;^^

その零時迷子も、フィレスでさえ予期せぬ変化が起きているようです
それこそが「銀」
元々悠二が持っていた何かなのか、それとも零時迷子とは別に外部から入ってきた何かなのか・・・この2期で明かされるのかな

そういえばフィレスの張った仕掛けに反応していた史菜、こちらも未だに謎です
確実に何かあるようですが、前封絶の中では動いていませんでしたし・・・ヘカテーとの関連性も未だに明らかになっていません
しかしそろそろ動きだしそうな予感ですね

次回も期待です

<CLANNAD>

明らかになることみの過去

やはり2人は昔からの知り合いのようで、ことみは最初から覚えていたようです
まだ幼いのにいきなり両親を失ったショックは相当のものだったのでしょう・・・
しかも両親を困らせたまま、最後の別れにならざるを得なくなってしまったのですから、その後の「いい子にする」という思いはよくわかる気がします
論文に火をつけていましたが、朋也の夢はまさかそれが原因で火事になった時のことだったのかな?
それにしても誕生日の日、朋也は現れなかったそうですがその理由って語られてましたっけ・・・
まさか朋也自身が覚えていないのかな?その日に彼に何かあったのでしょうか:^^


次の日、ことみはいきなり海外留学を承諾したようです
そして家から出てこなくなってしまいました

少しでも自分に何かできることをしようとする朋也達
プレゼントしようと思っていたバイオリンは壊れてしまい、もし修理できても相当かかるとのこと
残り4日、果たしてどうなるのでしょう・・・

さらに雑草が生い茂っていた庭を掃除
あの生え具合はきっと何年間も掃除されずに放置されていたのでしょうね;^^

果たして彼らの思いはことみに届くのか、次回も期待です

新番組感想その3:狼と香辛料第1話簡易感想

1話見た感想としては今まで色々な作品がありましたが、この狼と香辛料は非常に独自の世界を形作っている作品と言えそうです


独特な喋り方をするホロという少女と行商人ロレンスの出会い
ホロの真の姿は狼で、これからこの2人の北に向けての旅の始まり

この作品のこういった雰囲気も好きかもしれません
OP、EDも良い感じヽ(´∀`)ノ

どうやら、ホロは村人にとって一応は「実際には存在しない神様」ということになっているようで・・・
これから旅をしていく中でロレンス以外の人に姿を見られても特に大丈夫・・・なのかな?


まだ1話なので、これからどのように話が展開していくのか非常に期待が持てる作品です

新番組感想その2;シゴフミ第1話簡易感想

いきなり1話目から次回が非常に気になる展開でした



まず、死後の世界から手紙が届く、死んだ人間にはいろいろ段階がある等々設定も興味深いです

そして主要キャラのフミカとカナカ
それぞれ対照的な性格ですが、この2人もなかなか良かったと思います

ストーリーは翔太と明日奈の2人を中心とした話でしたが・・・
ラスト、明日奈のナイフの一突きで翔太は死んでしまったのでしょうか;@@
たとえ助かったとしても、明日奈が父親殺しの犯人という事実が確定的な以上、なかなかブラックな展開になっていきそうです
まだ1話でなんとも言えませんが話の感じとしては、もしかして数話完結で話が進んでいくのかな・・・?
そうなると、なんとなく「地獄少女」に似てる気もします

もちろん、人によって感じ方は違うと思いますが私としてはキャラ、設定、ストーリー等なかなか面白かったと思います
まだどのように話が展開していくのかは不明なので、次回以降にも注目といったところですね

新番組感想その1;破天荒遊戯第1話簡易感想

漫画読んだことあるとは言っても、GファンやらZEROSUMを買ってたのは小学生ぐらいの時ですからその時連載してた作品の内容は最遊記以外はほとんど曖昧なわけで・・・(買う雑誌に連載されてる作品は全て読む派です)


この作品もその時に連載されてたので読んでましたが、しっかり覚えてるのはキャラぐらいです(もちろん現在も連載しているとのことで、私が読んでた頃から8年近くが経過しています)

とりあえず第1話見た感じとしては、まだ何とも言えませんね;^^
世界設定というか・・・どういった世界なのかがまだ見えてきません
とりあえず幽霊、魔法やらが出てきたりする世界のようです( ^ω^)

キャラとしてはまず主人公ラゼル、話が始まるなりいきなり親(?)に旅に出された模様
非常に前向きで明るい少女ですが、過去に何かつらい体験があったのかもしれません
そして出会った青年アルゼイド 第一印象としてはクールな感じ 
しかし彼も同様、何やら重い過去を抱えていそうです

それからもう一人・・・バロックヒート・・・ってなんかいきなり出てきた気がしますが\(^o^)/
彼に関する説明は・・・なかったはず  2人のどちらかの知り合いということかな

ストーリーは1話だけではなかなかジャンル分けが難しいですが、旅の始まりといった感じです
ただ、やや展開に唐突感を感じるかもしれません 
何やら女性向けの作品とのことですが、別に男性には合わないということは全然ないと思います

この作品の1話時点での評価は、キャラはもちろん作品の雰囲気や唐突なストーリー等が自分に合うかどうかで人によってそれぞれ決まりそうですね
私としてはこの作品の雰囲気はなかなか好きです 
実際昔、毎月読んでいた上記の雑誌の連載群の中でも、この作品は面白かったのを覚えています
とりあえずまだ1話なので今後は様子見ですね

新番組視聴予定について

とりあえずざっと検討してみたところ・・・


1話見てみようと思ったのは

「狼と香辛料」
・何やら面白そうだった、というか勧められた( ^ω^)


「破天荒遊戯」
・かなり昔GファンタジーやZEROSUMという雑誌を買っていた頃に連載されていた作品なので見ようと思いました(内容はほとんど記憶の彼方;^^)

「シゴフミ」
・何で見ようと思ったんだっけ・・・確か死者から手紙が届くっていう設定に惹かれた気がする


これに合わせクラナド、シャナ、バンブーブレード・・・・で週6つ

(;^ω^)本当に毎週全部見れるだろうか・・・

これら3つの感想は未定、最初の1話ぐらいは書くけどそれ以降は時間によります

さぁここから時間との戦いがますます加速していきそうです

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。